2010年 09月 07日
東京スカイツリー,東京行・その1
昨日の携帯電話からの記事で「大幅修正・加筆」すると書きましたが,新しい記事にしました。
※写真はクリックすると拡大します。

d0006690_19205679.jpgただただ野次馬根性だけでスカイツリーを見に行きました。と言っても東京は不案内の私ですから,義兄に連れて行ってもらいました。正式名は「東京スカイツリー」のようです。

場所は墨田区の北十間川にかかる十間橋です。「東京スカイツリーのオススメ撮影ポイント」には載ってはいません。それでも何人かの撮影者がいました。

風があって,川面が揺れていましたが,風がなければその姿はくっきりと映っていただろうと思われます。それでも野次馬根性は充分に満たされました。

d0006690_19204462.jpg東京スカイツリーは東武鉄道が全額出資する東武タワースカイツリー株式会社が事業主体です。民放とNHKが出資する事業体とばかり思っていましたから,ちょっとした驚きです。

東武鉄道といえば,前日に行った根津美術館も東武鉄道の第3代社長根津嘉一郎の収集品を中心に展示するために作られた私立美術館です。

d0006690_19203560.jpg東京スカイツリーの上部です。現在の高さは448m。ここに限らず,ビル建設の時屋上にあるクレーンはどのように降ろされるのか,長い間の疑問でした。
[PR]

by gakis-room | 2010-09-07 19:23 | つれづれに | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/11879269
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 梟通信~ホンの戯言 at 2010-09-07 22:47
タイトル : 喜多八&スカイツリー 上野鈴本中席昼の部
権太楼が終わっても戦いは続く。 敵は喜多八を繰り出してきた、後ろは見せられない。 コンビニでお握り二つにお茶、締めて350円のランチを食いながら正楽の紙切りをみる。 五分の入り、「菊水」の缶をちびちびやってるお父さん、なぜかビールとお茶を並べてお稲荷さんをつまんでいる若い女性の二人連れ、いそいそと席につくおばさんたち、、いい空間だ。 (鈴本の三階から見えるスカイツリー) 喜多八「明烏」 吉原の噺などというと眉をひそめる女性もいらっしゃるが吉原は情緒を楽しむところ、男を磨く修行の場だった...... more
Commented by saheizi-inokori at 2010-09-07 22:39
ここは有名な撮影ポイントですよ。
Commented by gakis-room at 2010-09-08 10:07
saheiziさん,
そうみたいですね。
スカイツリーが見たいと行ったら,迷わず連れて行ってくれましたら。
Commented by tona at 2010-09-08 19:40 x
もう448mなのですね。私が5月に行ったときは389mでした。
十間橋から撮影すると建設中の1番上まで川に映りました。
もう全部入りきれなくなったのでしょね。
そう、風があるときれいに映らないのですね。
お写真でクレーンが小さく見えます。
Commented by gakis-room at 2010-09-08 19:57
tonaさん,
立って,カメラを斜め上に構えましたから全部映らなかったのだと思います。
今にして思えば,もう少し工夫すれば良かったと思っています,後の祭りですが。


<< 初めてのラーメン3種,東京行・その2      初めてのスカイツリー >>