2010年 08月 14日
懐かしい花です,ホウセンカ
d0006690_1164426.jpgホウセンカ(鳳仙花) ツリフネソウ科 ツリフネソウ属

中国南部からマレー半島,インドの原産で,江戸時代に渡来しました。こどもの頃,名古屋の家の庭にたくさん咲いていたことを思い出します。ホウセンカの果実のように弾けて種を遠くに飛ばすものを「蒴果(さくか)」と言うようです。

自然に弾ける寸前のものは,指でちょっと触るだけで弾けるのが面白く,よく遊んだ記憶があります。

別名を「爪紅(つまくれない)」と言います,これは女の子がこの花を爪にこすりつけてマニキュア遊びをしたことからのようですが,それを見た記憶はありません。

色は赤が基本のようですが,赤から白まで多様です。

d0006690_1163218.jpg八重のものもありますが,多くは3弁です。3枚の花弁のうち,下の2枚が途中で2つに割れ,5弁のようも見えます。

上部の先の緑色の突起のついた部分と後方に曲がった管状ものは萼です。このような管状の萼を距(キョ)といいます。

ホウセンカの距は3つありますが,写真では2つしか見えません。

※写真はクリックすると拡大します。



鳳仙花と言えば島倉千代子,中島みゆきの歌がありますが,「鳳仙花」は戦前から現在に至るまで朝鮮半島でも有名な歌です。

3番の歌詞は「『民族の魂は春に蘇る』を暗示しているとして日本の警察からレコード販売禁止と唱歌禁止令が出た」(「朝鮮を知る事典)そうです。


1 垣根の下に立つ 鳳仙花よ おまえの姿が みすぼらしく もの哀しい
  長く長い夏の日に 美しい花になる時 可愛い 乙女達が
  おまえを 喜び迎え たわむれたろう

2 いつの間にか 夏は去り 秋風が そよそよと吹き 美しい花房を
  無惨にも 冒したから 花は散り 萎れてしまった
  おまえの姿が みすぼらしく もの哀しい

3 北風と冷たい風雪に おまえの姿かたちが無くなってしまっても
  平和な夢を見る おまえの魂は むかしながらのゆえに
  麗らかな春の風に 生まれ変わることを 願ってやまない
[PR]

by gakis-room | 2010-08-14 11:15 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/11739124
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2010-08-14 11:55
「鳳仙花」という名の韓国レストランがあったような記憶があります。
歌を禁じ名前を強い、結局は無意味なことなのに。
Commented by gakis-room at 2010-08-14 16:23
saheiziさん,
そして言葉も禁じました。
野蛮なことです。


<< やはり「いろいろある」,今朝の...      919と921 >>