2010年 08月 06日
ヤコブの梯子
d0006690_1712088.jpg昨夕,ちょっとした通り雨の後,うっすらでしたが「ヤコブの梯子」を見ました。気象現象としては「薄明光線(はくめいこうせん、crepuscular rays)」というようです。

「薄明光線」とは,雲に隠れた太陽の光が雲の切れ間あるいは端から漏れて,太陽光線の柱が放射状に見える現象のことです。

これを別名,「ヤコブの梯子」あるいは「天使の梯子」と言うそうです。その由来は,ヤコブ(イスラエルの始祖)が夢の中で,雲の切れ間から差す光のような梯子が天から地上に伸び,そこを天使が上り下りしている光景を見た(旧約聖書創世記),ことによるそうです。

まあ,「梯子を上り下り」すると言うよりも,天使が天上からの光の中をヤコブのもとにやってきて,そして光の中を天に帰ったという幻想なのだろうと思います。なにせ,光は神に限らず,仏の場合でもその力の象徴のようですから。

また,人は「レンブラント光線」とも呼ぶ ようです。レンブラントは言うまでもなく「光と影」を得意としたオランダの画家です。

昨日の「ヤコブの梯子」はうっすらとしたものでしたが,いつか,くっきりとした梯子を撮ることができたらと思います。そんな偶然に出会うことができるでしょうか。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-08-06 07:14 | つれづれに | Comments(6)
Commented by saheizi-inokori at 2010-08-06 09:49
知りませんでした。一つ賢くなりましたよ。
Commented by gakis-room at 2010-08-06 12:00
saheiziさん,
私も最近知ったことです。
Commented by 高麗山 at 2010-08-06 22:05 x
この光芒現象(flare)を追いかけて、雨の後や夕刻に走り回った時期がありました。  ただ私の場合は、梯子の元に何が映し出されているかが問題でした。
その他、レンズの力でわざとフレアーやゴーストを作り出して『夢の世界』で遊んだことが懐かしく思い出されます。
Commented by gakis-room at 2010-08-07 08:26
高麗山さん,
デジカメの私は,ただただ偶然に頼るだけです。
Commented by maron-11 at 2010-08-08 09:29
逆天使の梯子も見れるかも♪
Commented by gakis-room at 2010-08-08 15:04
maron-11さん,
そうそう,上方への梯子もあるようですね。
天使は何処へ行くのでしょうかねえ(笑)。


<< 残暑お見舞い申し上げます      「いろいろある」のいろいろ,2... >>