2010年 08月 03日
キンカンの花です
d0006690_1901573.jpgキンカン(金柑) ミカン科 キンカン属

キンカンと教わりました。「近くの公園」です。背丈は2m位です。花はそんなにありません。夏から秋にかけて何回か咲くようですから,これからたくさんの花を付けるのでしょうか。

金柑の「金」は熟した実の色から,「柑」はミカンの古名の「柑子(こうじ)」からです。別名を「姫橘(ひめたちばな)」と言うようです。

中国の長江流域の原産です。日本への渡来についてこんな逸話が残っています。

1826年に,中国の商船が遠州灘で遭難し,清水港に漂着した際に,船員が助けてくれた地元の人に砂糖漬けの キンカンをお礼に贈りました。 その種が植えられ,やがて実がなり,その種が日本全土に広まりました。

面白いとは思いますが,はたしてどうなんでしょうか。室町時代に渡来したとする説もあるようです。

d0006690_190543.jpg白い5弁です。花径は2cm位です。花の中央の白い円筒状の部分を最初は副花冠かと思いましたが,どうやら雄しべのようです。

「金柑のど飴」もいくつかあるようですが,私は口にしたことがありません。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-08-03 07:46 | 花の手帳 | Comments(4)
Commented by saheizi-inokori at 2010-08-03 09:24
キンカンは大好物です。食べ過ぎるとよくないと言われつつも食べてしまいます。
Commented by 高麗山 at 2010-08-03 09:48 x
砂糖漬けの金柑を頂いて冷蔵庫に入れず放置していたら、
醗酵が進んで金属の蓋が吹っ飛んだのには、ビックリさせられた
ことがありました。     蜜を拭き取るのが大変でした!
Commented by gakis-room at 2010-08-03 14:55
saheiziさん,
キンカンは1度食べたことがありますが,味については記憶がありません。
きっと好みではなかったのだと思います。
Commented by gakis-room at 2010-08-03 15:00
高麗山さん,
四方八方に飛び散ったのでしょうか。
大変さは容易に容易に想像できます。


<< 3日続きの熱帯夜      最低気温の高さでは観測史上8位... >>