2010年 06月 15日
2つの通院,その状況
d0006690_6493667.jpgまずは歯科です。2本ほど抜歯して義歯で補う。歯科通院を始めたのは昨年の12月7日でした。「全治3ヶ月」が延びに延びてて,足かけ7ヵ月,昨日の通院で190日目です。

次回は9月13日ですから,経過観察と言うよりも予防措置,つまりは歯垢を取り除くみたいなものですから,歯科通院はこれで事実上終了です。

今回以前に歯科通院をしたのは20年ほど前のことですから,その時の記憶はあいまいですが,治療機器がずいぶんと進化したように思います。また,ほぼ毎回,「歯と口の治療管理」(治療の状況),「専門的口腔ケア」(歯と歯肉の状態,口腔ケア指導)の2枚を渡されました。これまでにはなかったことです。

治療した右の奥歯で噛む(食べる)と左に比べておいしさを感じません。これは慣れの問題かも知れませんが,「歯がおいしさと関係する」とはひとつの発見です。もっともあまり嬉しいことではありません。

とまれ,まあこれで歯の老化ないしは劣化を少し遅らせることができたということでしょうか。歯に限らず,老人医療とは「健全への復帰」ではなく,老化ないしは劣化の進度を遅らせることだと私は思っています。

もう一つは「マヌケな災難」,整形外科です。こちらは日常生活に何の不便もなくなりましたが,湿布とコルセットは続けています。「何かあったら来てください」とは,昨日の医師の弁ですが,「もう来なくてもよいです」と言ってくれないところが微妙と言えば微妙ですが,こちらはもう少し時間がかかりそうです。

※写真は「近くの公園」です。クリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-06-15 06:50 | つれづれに | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/11324380
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2010-06-15 08:24
まだコルセットですか!うっとうしいことですね。
先日私も腰が痛くなりヒョットすると、と憂鬱になりましたが今のところはそのまま、いずれはやってくるのだろうと覚悟してます。
Commented by 高麗山 at 2010-06-15 11:51 x
gakisさんの歯の治療すべき原因は、流動物に頼って固形物を
疎かにしたことが原因であろうと、私は推測しています。。。

この間も書きましたが、歯の痛みを感じだすと五十肩の痛みが
何処かへ飛んでいったことが、今も不思議でなりません!
Commented by yuuko-11 at 2010-06-15 16:42
行っている歯医者も、代替わりしたせいか、治療機器等、変化していましたね。
でも、あの音だけは変わんないですね。
Commented by gakis-room at 2010-06-15 18:42
saheiziさん,
コルセットのうっとうしさは,慣れてきたのかそれほどでもないんですが,問題はこれからです。
現在は下着の上に着けていますが,今以上に暑くなって,Tシャツ1枚の時,Tシャツの上では腹巻きのようで,その上それを人様に晒すことになります。かといって,素肌にコルセットもどうかなと思ったりしています。
それまでに取り外せればいいのですが…。
Commented by gakis-room at 2010-06-15 18:48
高麗山さん,
「流動物に頼って固形物を疎かにした」なんて!
毎夜,100g余の動物性タンパク質は欠かしていません。砂肝とか軟骨などもよく食べるぜよ(笑)。

>歯の痛みを感じだすと五十肩の痛みが何処かへ飛んでいったことが、今も不思議でなりません
毒をもって毒を制す,と言うことですね。
幸いなことに私は五十肩はまだ経験していません。

Commented by gakis-room at 2010-06-15 18:51
yuuko-11さん,
歯を削るときの音ですね。手を握って耐えていました(汗)。


<< 気になる童謡,「あめふり」      最高気温の異変,上位9/10は北海道 >>