2010年 06月 07日
自民党はジリ貧から脱却できるのか,菅内閣の成立
d0006690_10155836.jpg鳩山首相が辞任表明をしたのは6月2日,菅新首相の首班指名が6月4日でした。この世論調査は鳩山首相の辞任表明前後となります。

きょうにでも菅内閣と民主党人事の全体が確定しますが,この調査の段階では菅内閣の骨格はもとより,民主党人事も未定の段階のものです。それにも拘わらず,期待度が高いのはそれほどまでに鳩山内閣と言うよりも鳩山首相,小沢幹事長への忌避感が強かったということでしょうか。

また,この7月の参議院選挙で「民主に投票」が一挙にV字回復しています。新内閣・民主党人事の陣容が確定した段階で世論の動向にいささかの変化はあると思われますが,これが一過性なのか,それとも民主党政権への期待の回復なのか注目されます。

それ以上に注目されるのは読売,毎日,朝日で「自民に投票」が微減していることです。下野して8か月,鳩山内閣が転け続けて,民主党と自民党の支持率は拮抗してきましたが,6月1日にも書いたように自民党への期待は麻生政権末期以下のままです。

考えてみれば,与党時代の自民党は民主党に対して「批判ばかりで政策がない」と批判してきました。また,鳩山辞任についても「選挙対策で表紙を代えただけ」,「民意の審判を受けない政権たらい回し」と批判しています。それ自体は正しいとしても,それらはブーメランのように全て政権与党時代の自民党に帰っていくものです。

政権与党時代の自民党に帰っていかない視点,立脚点を持たない限り,自民党はジリ貧状態からの脱却は難しいようです。改めて言うまでもありませんが,「国民の負託のない内閣に正統性はない」と私は思っています。
[PR]

by gakis-room | 2010-06-07 10:18 | つれづれに | Comments(2)
Commented by saheizi-inokori at 2010-06-07 22:40
世論調査ってどれほど”民意”を反映しているのでしょうか。
私のところにも電話がかかったことがありますが面倒でもあり断りました。
電話であの面倒クサイアンケートに答える人というのはかなり“特殊な”人たちではないでしょうか。
Commented by gakis-room at 2010-06-08 07:42
saheiziさん,
世論調査は1つの目安以上のものではないと思います。ですから,1つの世論調査だけをもとにあれこれ論ずるのは拙速かと思います。

私は電話,大抵は自動音声ですが,ちゃんとに答えています。「特殊な」人の1人かも知れません(笑)。


<< 夜明けは4時43分になりましたが…      平年ではきょうから梅雨入りですが… >>