2010年 05月 29日
花弁を持たない花,ドクダミ
d0006690_173977.jpgドクダミ ドクダミ科 ドクダミ属

あちらこちらでドクダミが見られるようになりました。「毒」を「矯め(ため。収める、の意味)」る, すなわち毒を止める効能があるところからの命名のようです。

生の葉はニキビ,湿疹,かぶれに効き,開花期の葉,茎を乾燥させたものを「十薬」(じゅうやく)といい,煎じれば高血圧,肩こり,便秘,動脈硬化の予防などにいいそうです。体内の毒素を出して体調を整えるとも言います。

なんだが万能薬のような植物です。そういえば,私が日常よく飲む「爽健美茶」にもドクダミが入っています。私の体調維持に少しは役立っているのでしょうか。



d0006690_173191.jpgドクダミの十字に開いた4枚の白い花弁に見えるものは花弁ではなく,苞です。苞が花弁に見えるものにハナミズキヤマボウシがあります。

ドクダミの花は棒状に突き出た淡黄色の花序です。1つ1つには花弁はなく,葯をもった3本の雄しべと雌しべだけで,雌しべには白い3つの柱頭があります。

下から順に咲いていくようです。上部の花は雌しべを持たない「雄花」だけのようですが,私には確認はできていません。

花言葉は「白い追憶」,「野生」のようですが,「野生」の安直さはともかくも,「白い追憶」は私には意味不明です。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-05-29 07:21 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/11198350
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yuuko-11 at 2010-05-29 15:23
ヤマボウシを昨日見たワン。
我が家のドクダミは日陰の身のためかやっとつぼみ(というのか?)状態です。
例年に比べると伸びが遅いような気がします。
Commented by gakis-room at 2010-05-29 18:34
yuuko-11さん,
ドクダミは初めて記事にしたのですが,私にはなぜか6月の花という気がしています。
もっとも,もう5月の末ですが…。


<< マヌケな災難と私の引き籠もり      30分前に落雷を予報,「まいど... >>