2010年 05月 30日
マヌケな災難と私の引き籠もり
d0006690_15524756.jpg私が「ちょっとした体調異変による引き籠もり状態」の中にあると書いたのは5月27日のことでした。正確に言えば,原因不明の腰痛によって5月24日から引き籠もりを強いられています。

24日の朝のことでした。目覚めた時に右腰に違和感を感じました。別段,気にもとめなかったのですが,時間が経つにつれて痛みは強くなりました。この日は自重して外出は避けました。

翌25日の朝は痛みのために,かろうじて室内を歩ける程度の立ち振る舞いしかできなくなりました。時にはうずくまることもできないほどの痛みもありました。私の引き籠もりの始まりです。

少し高めの診察台に乗ることにも激しい痛みを感じました。寝返りもままにできません。医師の診断は「腰の筋違え」でした。「何か思い当たることは?」と問われても何もありません。23日はこれといって腰に負担のかかることもしていません。かくて湿布とコルセットの着用となりました。

今にして思えば,24日の朝,ふとんから「元気よく起き上がった」ことが原因だったのでしょうか。とすれば何ともマヌケな災難です。マヌケな災難と言えば,一昨年の2月の淡路旅行時の「私の災難」を思い出します。その時は左足の第4指の生爪をはがし,その上にカメラまで壊しました。

「10日分ほどの湿布がなくなった頃にでも来てください」とのことでしたから,大したことはなかったようです。買いだめをしない私ですが,この期間に1度だけ苦痛をおして,食料調達をしました。

ままならぬ身には変わりはあのませんが,痛みも少しずつ和らいで,寝返りも違和感がなくなってきました。今朝はリハビリと称して「近くの公園」をゆっくりと一回りしてみました。
※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-05-30 10:01 | つれづれに | Comments(4)
Commented by 高麗山 at 2010-05-30 19:10 x
この一年ほど、五十肩の再発に悩まされていましたが、最近
奥歯の痛みに気が付きました、診察の結果は磨き過ぎによる
老人特有の歯槽炎だそうです。
不思議なことに、新たな炎症痛が起こると先の痛みは何処かへ
飛んで行ってしまいます。
お互い、高齢者の身、身体は労りましょう!
Commented by gakis-room at 2010-05-30 21:10
高麗山さん,
お気遣いありがとうございます。

老骨にむち打つのは痛いから,老骨を労って過ごそうとしみじみと思いました。
Commented by tona at 2010-06-02 19:49 x
筋違えでうずくまることが出来ないほどの痛みとは。
年とるとこんなことも起こりうるのですね。
どんなにか辛かったことでしょう。私なら気弱になってしまったかもしれません。
少し痛みが和らいだそうで良かったです。
どうぞお大事になさってください。
Commented by gakis-room at 2010-06-02 20:04
tonaさん,
お気遣いありがとうございます。

ずいぶんとよくなりました。まだ,湿布とコルセットはしていますが,日常の立ち振る舞いは何も不自由がなくなりました。
昨日も通院したのですが,問診だけで終わりました。


<< メキシコマンネングサの群生を見...      花弁を持たない花,ドクダミ >>