2010年 05月 21日
ウスベニチチコグサでしょうか
d0006690_18563210.jpgウスベニチチコグサ キク科 ハハコグサ属

ウスベニチチコグサ(薄紅父子草)かと思います。「例の田舎道」です。歩きながら,「これはへら形,これは幅広」と5月16日に書いた「葉の違い」を確かめていました。

その中に,葉はへら形ですが,頭花が少し赤みがかったものがありました。これまで見たものはハハコグサを除けば全て頭花は淡い褐色です。かがみ込むまでもなくその赤色が見て取れました。

意外にも早くウスベニチチコグサとの出会いでした。属名はハハコグサとするものがほとんどですが,中にはウスベニチチコグサ属と独立させているものもあります。

d0006690_1859470.jpg名前は「薄紅」ですが,その紅色はくっきりとしています。

これでチチコグサ関連はおしまいと思いましたが,「タチチチコグサ」と言うものもあるようです。写真で見ると背丈は15〜30センチ位です。頭花はチチコグサモドキに似ていますが,色は少し紫がかっているようです。葉はチチコグサのように細く,それで別名を「ホソバノチチコグサモドキ」です。

タチチチコグサとの出会いはいつになるのでしょうか。なお,ハハコグサ関連ではセイタカハハコグサというものもあるようです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-05-21 07:13 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/11148150
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 2日続きの黄砂です      なぜ「鰭」・「玻璃」なのでしょ... >>