2010年 05月 08日
不思議な花です,セリバヒエンソウ
d0006690_7335655.jpgセリバヒエンソウ キンポウゲ科 ヒエンソウ属

セリバヒエンソウと教えていただきました。漢字では芹葉飛燕草。葉が芹に似ており,花の姿が燕が飛んでるのに見立てたようです。

井の頭公園で見ました。背丈は20センチ位です。

中国原産で,明治時代に渡来したそうです。何でも東京周辺に多いとのことです。と言うことは関東限定の花ということでしょうか。

d0006690_73464.jpg花径は1.5センチ位です。花弁に見える拡がった5枚は花弁ではなく萼片です。

真ん中にある4枚が花弁です。ただし,花弁は重なっている白っぽい上の2枚て,切れ込みのある紫色の下の2枚は花弁化した雄しべです。

紛らわしいというか,何とも不思議な花です。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-05-08 08:42 | 花の手帳 | Comments(2)
Commented by saheizi-inokori at 2010-05-08 09:57
何べん聴いても覚えません。
最初からあきらめてただ写真の花を楽しみます。
Commented by gakis-room at 2010-05-08 13:25
saheiziさん,
記事を書いている私も忘れてしまうことが多くて…(笑)。


<< 宴,宴そして宴,東京行・その3      井の頭公園はいいね,東京行・その2 >>