2010年 05月 03日
弱々しいとのことですが,ナヨクサフジ
d0006690_11502549.jpgナヨクサフジ マメ科 ソラマメ属

ナヨクサフジと教えていただきました。昨日と同じ近所の空き地です。漢字では「弱草藤」です。

立ち上がることなく,這うように拡がっていました。名前の「ナヨ(弱)」は,在来種のクサフジに対してナヨナヨとしているところからの命名のようですが,こんな所からなのでしょうか。そのつる状の茎は150センチ位まで伸びるようです。

ヨーロッパ原産で,飼料用などに導入されたものが,野生化したようです。見かけとは違って生命力は強そうです。葉はカラスノエンドウよりも細く,スズメノエンドウよりもやや大きい位です。

d0006690_11503643.jpg「クサフジ」の名のように花はフジの花に似ています。花序の長さは5センチくらいで,1つの花の長さは1.5センチ位です。

在来種のクサフジはまだ見ていませんが,ナヨクサフジはクサフジに比べて,花の上唇が跳ね上がり,花の筒状の部分も長いようです。また,これによく似た花にビロードクサフジがあるようですが,こちらは茎に軟毛があります。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-05-03 07:05 | 花の手帳 | Comments(4)
Commented by tona at 2010-05-03 20:05 x
マツバウンラン、カワヂシャ、そしてナヨクサフジ、いろいろご覧になっていらっしゃいますね。
まだ見つけられません。
葉がカラスノエンドウなどに似ているのですか。
これも何だか可哀想な名前ですね。
花はナヨというのに似合わず元気そうです。
Commented by gakis-room at 2010-05-04 07:35
tonaさん、
田舎住まいの良さでしょうか。
いろいろは草花に出会えます。
しかし、見逃している草花はまだまだたくさんあるようです。
Commented by yuuko-11 at 2010-05-04 11:44
名前のわりにはけっこうはびこっていますね。
しかし、なにもないとこにこれだけ生えてる?
Commented by gakis-room at 2010-05-04 16:16
yuuko-11さん、
荒れ地で、痩せ地といった感じですが、その割にはたくさんの草がありました。

この草、「ナヨ」の割にはしたたかな草のようです。


<< シロバナマンテマ      これも「準絶滅危惧種」です,カ... >>