2010年 04月 17日
アネモネには花弁がないようです
d0006690_1213035.jpg昨日と同じ法面(のりめん)です。群生とまではいきませんが,いくつかの紫のアネモネが咲いていました。

アネモネはギリシア・ローマ神話にも登場しますが,イエスが「山上の垂訓」で言う「野の花」(lilies of the field)はアネモネだとする説があるようです。私は「野のユリ」とばかり思っていました。

  なぜ,着物のことで思い煩うのか。野の花がどうし
  て育っているのか考えてみるよい。働きもせず,紡
  ぎもしない。……栄華をきわめた時のソロモンでさ
  え,この花の1つほどには着飾っていなかった。
  (マタイによる福音書第6章28−29)

d0006690_1213115.jpg自信はありませんが「アネモネ・コロナリア 'セント・ブリジッド」という品種ではないかと思います。開いていく様がおもしろいと思いました。

初めて知ったことですが,「社団法人 農林水産技術情報協会」のホームページによれば,アネモネには花弁はなく,花弁に見えるものは萼片が花弁状になったものとのことです。

アネモネもまた,ヤマボウシ,ハナミズキ,ドクダミと同じように「なりすまし花」でした。しかし,この「アネモネ・コロナリア 'セント・ブリジッド」に限らず,アネモネの「なりすまし」は見事です。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-04-17 13:05 | 花の手帳 | Comments(0)


<< 野の花記念日まであと1ヶ月      花の写真2葉,4月16日 >>