2010年 03月 30日
如月の望月のころ
d0006690_14453296.jpgきょうは旧暦2月15日です。月の初めが新月から始まる旧暦では15日は満月です。

  願はくは花の下にて春死なん その如月の望月の頃

西行の有名な歌です。釈迦入滅の日とされる如月15日に自らの死が重なることを願ったされる西行です。同じ山家集にはこんな歌があります。
  寂しさに耐えたる人もまたもあれな 庵並べん冬の
  山里

ですから,2月15日だけが重要なのであって,月が雲に隠れていようが,桜が「ちらほら」であっても良かったのかも知れません。

しかし,俗人の私には満月に照らされる夜桜,なんて思ってしまいます。それで,旧暦2月15日を調べて見ました。奈良の平年の満開は4月6日ころです。桜の開花時期は年によって違いますが,2007年以外は全部ハズレです。ただ,2004年は閏2月があり,閏2月15日は4月4日です。

  2001年  3月9日
  2002年  3月28日
  2003年  3月17日
  2004年  3月5日
  2005年  3月24日
  2006年  3月14日
  2007年  4月2日
  2008年  3月22日
  2009年  3月11日
  2010年  3月30日

しかし,これはソメイヨシノのことです。ソメイヨシノは江戸中期以降からのことで,西行の場合は山桜かと思われます。ヤマザクラはソメイヨシノよりも早く開花し,同じ場所でも1週間程度の開花のズレがあるそうですから,満開の期間はそれなりの長さがありそうです。とすれば,3月下旬以降は全部アタリなのかも知れません。

やはり,西行にとっては2月15日だけが重要なのかも知れません。「近くの公園」の桜は七分咲きから満開です。そしてきょうは旧暦の如月15日です。私にはなんとな嬉しくなります。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-03-30 14:46 | 花の手帳 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/10914932
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 高麗山 at 2010-03-30 17:08 x
柄にもなく朝から天声人語で、西行の陰暦による「忌日」であることを知り

“願わくは花の下にて・・・~”   を復唱しながら、これは山桜だナと思っていたところです。近くの正歴寺の山桜も盛りを過ぎたことでしょう!
Commented by gakis-room at 2010-03-30 17:50
高麗山さん,
実はこの記事,昨日から決めいていました。
そして,今朝,天声人語を見て,先を越されたなとちょっと悔しい思いをしました。
Commented by saheizi-inokori at 2010-03-30 21:14
はじめて入った居酒屋で食べ過ぎて満月のように膨らんだ腹を抱えながらふらふらと帰ってきました。月が真ん丸でした。
Commented by gakis-room at 2010-03-31 10:00
saheiziさん,
おや,まあ。
素敵な夕食だったのですね。
昨夜は曇っていて,月を見ることができませんでした,楽しみにしていたのですが残念。
Commented by yuuko-11 at 2010-03-31 11:04
月明かりのみの夜桜を見てみたい気が。
でも、寒いのといくら護衛犬がいてもこわいなあと…
こちらの公園の桜はまだまだですね。
Commented by gakis-room at 2010-03-31 17:36
yuuko-11さん,
「月明かりのみの夜桜」っていいですね。
「近くの公園」では街灯が邪魔していますね(笑)。


<< ヒメキンセンカ(フユシラズ),...      苦しい弁明 >>