2010年 03月 13日
大型のネコヤナギ?,フリソデヤナギ
d0006690_18132561.jpgフリソデヤナギ(振袖柳) ヤナギ属 ヤナギ科

「例の田舎道」です。フリソデヤナギではないかと教えていただきました。ネコヤナギの大型版です。ネコヤナギの歌穗は2〜3センチ位ですが,こちらは5センチ以上です。

別名を「赤芽柳」というそうです。新芽が赤いところからのようです。写真の右上に1つ赤い新芽が見えます。しかし,アカメヤナギというと別名マルバヤナギという木もあるようで,紛らわしくなります。


d0006690_18134042.jpg花序はやがて先端に赤い葯をつけたたくさんの花糸となります。ブラシノキそっくりです。

ところで「振袖」の由来はいくつもあるようですが,その1つに,死者数万を数えたという1657(明暦3)年の江戸の「明暦の大火(別名,振袖火事)」の火元とされた本郷の本妙寺というお寺に植えられていたこの木を命名するときに付けられたという説があります。

この木には迷惑至極の命名のように思われます。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-03-13 09:36 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/10857098
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yuuko-11 at 2010-03-13 18:32
大型のエノコロヤナギ=夕子姫の柳でつか?
<フリソデヤナギ>の由来だけど、迷惑至極の命名の方が後々残るさだめとか(笑)
Commented by gakis-room at 2010-03-13 20:09
yuuko-11さん,
昨日いただいたコメントのポロギクもそうですね。


<< 今年も黄砂がやってきた      ちょっとした楽しみ,ハハコグサ? >>