2010年 02月 21日
やっぱりカーリングはおもしろい
d0006690_1655429.jpg

ストーンを手放す地点からハウスと呼ばれる円の中心までの距離は30メートル,時間にして25秒ほどのことですが,昨日のイギリス戦(厳密にはスコットランド代表)は息詰まる好勝負でした。

①アイス・リーディング
レーンの表面には小さな粒々がありますが,その粒々の状態によってストーンの滑り方,曲がり方が違ってきます。この特徴を読み取ることをアイス・リーデングと言うそうです。氷の状態は試合経過と共に刻々変化していきますから,アイス・リーディングを間違うと失敗します。

②作戦を立てる
ストーンを投げるコース,止める位置は,敵味方のストーンに当たった時のクッションをも含めて考えます。

③ストーンを投げる
ストーンを手放す瞬間にわずかにカーブを掛けます。押し出す力加減と曲げ方のその手加減は微妙です。

④スイープする
こうして投げられたストーンは,敵味方のストーンを避けながら,あるいはそのわずかな隙間を通って,ハウスに近づきます。ストーンの速さ,曲がり方を修正するためにどこでどれだけスイープするかも重要です。

両チーム4人が1エンド(回)にそれぞれ2投しますから,4人×2回×10エンド=80投。その一投一投に①から④の知恵と技をぶつけ合います。

昨日のイギリス戦はビッグショットの連続でした。私がこれまでに見た,と言ってもトリノ五輪,2006年世界選手権日本代表選考会,2007年の青森で世界選手権,そして昨日までの4試合だけですが,最高の試合経過でした。

いつも冷静に,敵味方なく最良の作戦を説明し,好プレーには讃辞を惜しまなかった解説者(見事な解説ぶりです,それに比べて日本の応援団と化す解説者がなんと多いことでしょうか)も第8,第9エンドの攻防には珍しく興奮気味でした。

きょうはテレビ放送はお休みです。明日のロシア戦は午前2時からです。録画して早朝に見ることになります。
[PR]

by gakis-room | 2010-02-21 16:39 | カーリング | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/10793057
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ume at 2010-02-21 19:59 x
どう考えてもオリンピックにはなじまない競技だと思っていましたが、対イギリス戦を観て、なかなか味わい深い競技だということを知りました。それにしても、勝利を決めた目黒選手の一投は見事なものでした。実況も「ニッポン、ニッポン」と騒々しくないのが良いですね。
Commented by saheizi-inokori at 2010-02-21 21:14
冬のオリンピックの競技はスリル・スピードがあって夏よりも面白いかもしれません。
その中でカーリングはちょっと異色な面白さですね。
Commented by gakis-room at 2010-02-21 22:25
umeさん,
イギリス戦をご覧になったのですね。
私は興奮しました。
それにしてもイギリスのスキップは見事でした。まだ19歳です。
あの冷静さと技術。
Commented by gakis-room at 2010-02-21 22:27
saheiziさん,
スポーツ観戦はアスリートたちの奮闘をただ見守るだけですが,
カーリングはちょっとだけ参加した気分にしてくれます。
Commented by tokuro94 at 2010-02-24 21:19 x
 カーリングの解説者の山本さんは、本当に丁寧に説明してくださいます。いつも、どんなときでも、初めてカーリングを見る人に優しく説明してくださいます。
 あらゆるスポーツ解説者の中でも、最高レベルの解説者ではなかろうかと思います。
 モーグルなどは、1人の選手の競技時間が30秒弱という中で、カーリングは時間をかけて楽しめます。それでいて、観始めると止まりません。
 賛否両論あると思いますが、オリンピックにふさわしいスポーツだと思います。
Commented by gakis-room at 2010-02-25 07:22
tokuro94さん,
カーリングをしっかり楽しみました。1試合がおよそ2時間30分ですから,
 150分×8試合=1200分(20時間)
になります。次はいつ見ることができるのでしょうか。

なお,解説者は山本さんではなく,長野オリンピック競技委員長の小林宏さんかと思います。
Commented by tokuro94 at 2010-02-27 23:35 x
 誤情報、申し訳ありません。
 今日の女子カーリングの決勝は御覧になりましたか?
 第10エンドの、スウェーデン・スキップのラストストーンが見事でした。ラストストーンを投じるまでの時間をかけての作戦会議、確認等、勝利する確率が低いと思われる中で、最後の最後まで光を見出して、そこにかけること、また勝利の可能性を万分の一でも引き上げるショット(?)であったことなど、含めて見事でした。
 カナダチームは失投による敗戦だと思っているかもしれませんが、スウェーデンが勝者にふさわしいのだと思いました。

 1200分ものスリリングな時間。せめて、次回は300分以上増やしてほしいですね☆

 日本選手権や、東アジア選手権などをテレビで放送してほしいですね。そうでなければ、日本がソチ五輪に出場するという条件付で4年後になってしまいそうです。
Commented by gakis-room at 2010-02-28 21:38
tokuro94さん,
小旅行から先ほど帰りました。返事が遅くなりました。

決勝戦は録画していますので,明日,ゆっくりと見ることにします。
4年後までカーリングの放送がないと思うととても残念です。


<< 春が来たのかもしれない      3年前のきょうです,それはボケ... >>