2005年 06月 25日
6月25日の政治責任と道義責任
55年前のきょう,1950年6月25日の未明に北朝鮮軍が突如南下,朝鮮戦争が始まりました。3日後の28日にはソウルは陥落します。その後,戦争の前線は朝鮮半島を一往復して,休戦会談がはじまったのが1951年7月,ようやく休戦協定が結ばれたのは1953年7月のことでした。

朝鮮半島が北緯38度で南北に分断されたのは,アメリカとソ連の都合です。しかし,私は日本の敗戦に至る最後の3週間を思い出します。7月26日にポツダム宣言が出され,これの受託決定をしたのが8月14日,翌15日に戦争終結の詔書が放送されます。

7月26日から8月15日までに起こったことは以下のことです。
8月6日 広島に原爆投下
8月8日 ソ連,日本に参戦
8月9日 長崎に原爆投下

日本の降伏が10日早ければ,広島と長崎の悲劇,朝鮮半島の南北分断,旧満州における残留孤児の悲劇はなかったことになります。もちろん,朝鮮戦争もありません。

折しも,北朝鮮による拉致被害者家族会の衆議院第2議員会館前での座り込みは25日を挟んで3日間行われると,昨日の夕刊は小さく報じていました。
[PR]

by gakis-room | 2005-06-25 07:03 | つれづれに | Comments(2)
Commented by map at 2005-06-26 03:50 x
今年は暇というのかゆとりがあるといえるのか、いろいろと考えることが多くあって楽しんでおります。いいですね!先生の本業の話をもっと聞かせてください。日韓関係はこのことを無視してはいけないように思っています。
Commented by gaki at 2005-06-26 06:50 x
本業の話ねえ,記事にするにはまだ柄にもなく恥ずかしさがありましてね。


<< 強制睡眠への反省      平熱 >>