2010年 02月 08日
小沢幹事長不起訴後の内閣支持率
d0006690_1151510.jpg
民主党の小沢幹事長不起後の世論調査です。以下,私の見た特徴です。

 【内閣支持率】
   1 支持はいずれも減少し,共同,読売,朝日では不支持が支持より多い
   2 読売,朝日では今回初めて逆転した。
   3 不支持は新報道2001と毎日では前回より微減している

 【民主党支持率】
   1 読売,朝日では微減しているが,新報道2001,共同,毎日では微増している

 【自民党支持率】
   1 共同,朝日では微増しているが,毎日では微減している

大きな「急落」,「急増」はなく,総じて言えばこの1ヶ月間の世論には特記すべき「変化なし」ということでしょうか。このことは,政府・与党のトップ2人に関わる「カネ」問題についての昨年来の報道の量と内容からみれば私には不思議に思えます。

特に産経新聞の社会部長署名入りの「ほくそ笑むのはまだ早い」記事(再掲新聞のウェブサイトからはなぜか削除されています)に象徴される執拗な当てこすり,テレビで頻繁に顔を出す宗像紀夫元特捜部長の論証なき断定にはその見識を疑ってしまいます。

とまれ,政府・与党のトップ2人に関わる「カネ」問題についての私の嘔吐感にも似た不快感にも関わらず,政党支持率で見る限り,この国はまだ深刻な「政治不信」には至っていないようです。
[PR]

by gakis-room | 2010-02-08 11:05 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/10748190
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 内閣支持率・追加      穏やかな朝,そして熱気球 >>