2010年 01月 28日
とりあえずマンリョウ(万両)は分かりました,千両,百両,十両はいずこに
d0006690_17482973.jpg「例の田舎道」です。

マンリョウ(万両) ヤブコウジ科 ヤブコウジ属

マンリョウ,センリョウ(千両)については名前は知っていましたが,花はまだ見ていません。どちらも1メートル前後の小低木です。とりあえず,マンリョウの実の識別ができました。

センリョウはセンリョウ科,センリョウ属ですが,どちらも葉には鋸歯があります。実の付き方が違います。

 マンリョウ  葉の下に付く
 センリョウ  葉の上に付く
  
マンリョウの方が実の数は多いようです。

他にヒャクリョウ(百両),ジュウリョウ(十両)もあるようです。共にヤブコウジ科,ヤブコウジ属です。

ヒャクリョウはマンリョウ,センリョウよりも背丈が低く,ジュウリョウはさらに低く(10〜20センチ),ともに実の数もずっと少ないようです。

 ヒャクリョウ  正式名はカラタチバナ(唐橘,からたちばな) 
 ジュウリョウ  正式名はヤブコウジ(藪柑子?)

マンリョウ,センリョウ,ヒャクリョウ,ジュウリョウを並べて,その花を見てみたいとは思いますが,叶わぬことです。 

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2010-01-28 17:49 | 花の手帳 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/10711271
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by haruneko3 at 2010-01-28 22:54
マンリョウは.私も今年玄関に活けてわかりました!
ころころとこぼれし赤い実、
そのかわいいこと!
いじらしいこと!
Commented by 高麗山 at 2010-01-29 00:14 x
何時もお正月前後には気にかけるのですが、
以後は放りっぱなし、案外無茶な剪定にも耐えて
健気な実を付けてくれる灌木ではあります。
やぶこうじのご一族は、マントあるようで。。。
Commented by ume at 2010-01-29 09:30 x
ヤブコウジは陽の差さない雑木林の中で紅い実をつけてひっそりと佇んでいる姿をよく見かけます。色彩感のない雑木林の中では小さくてかわいいながらも存在感がありますよ。
Commented by gakis-room at 2010-01-29 09:53
haruneko3さん,
葉の下に付くので鳥にも食べられにくいのだそうです。
Commented by gakis-room at 2010-01-29 09:54
高麗山さん,
この時期の赤い実といえば,ナンテンしか知りませんでした。
また1つ知りました。
Commented by gakis-room at 2010-01-29 09:56
umeさん,
ヤブコウジ,1度みたいと思っていますが,難しそうです。
Commented by saheizi-inokori at 2010-01-29 10:02
鶴が亀に求婚しました。
亀が断った理由は「9000年後家は辛い」。
Commented by gakis-room at 2010-01-29 14:54
saheiziさん,
ずいぶんと昔気質の亀ですこと。


<< 「近くの公園」の白梅が咲き始め...      あ〜あ,首相を事業仕分けしたい >>