2009年 12月 09日
初冬ですが咲いていました,ユキヤナギ
d0006690_1204694.jpgユキヤナギ バラ科 シモツケ属

「例の田舎道」です。ユキヤナギと教えていただきました。ユキヤナギと言えば春の花です。垂れ下がった枝に溢れるように花を付けたユキヤナギをあちらこちらで見ます。「近くの公園」にもあります。

当然,ユキヤナギは私も知っています。しかし,この時期に,紅葉した枝と葉を背景にポツンポツンと咲いているユキヤナギは初めてです。

今朝,「近くの公園」のユキヤナギを見て来ました。2つ3つですが,確かに花を付けていました。返り咲きなのでしょうか。

d0006690_1205833.jpg5弁全部がそろっているものは稀でした。この時期だからでしょうか。それともユキヤナギの花弁は落ちやすいのでしょうか。春のユキヤナギの花はあまりにも多く,気づかなかっただけかも知れません。

それにしても,春の花をこの時期によく見ます。ホトケノザ(シソ科です,春の七草とは違います)は珍しくありません。

コハコベも「近くの公園」でも見ることができます。そして,「ハクチョウゲ」もまだ咲いています。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2009-12-09 13:05 | 花の手帳 | Comments(2)
Commented by haruneko3 at 2009-12-09 23:34
冬薔薇...フユソウビ という季語がありますが、
そういうことなのでしょうか。
いつもひとよりテンポの遅い私は、季節外れのこれらの花を目にするたびに、自分を見る様でクスリと笑い、
すこしかわいくなります。
Commented by gakis-room at 2009-12-10 10:00
haruneko3さん,
フユソウビという言葉を初めて知りました。それでフユソウビを検索しようと変換したら,なんと「冬装備」になりました。おもしろいですね。


<< シソ科の花はおもしろい,カラミ...      5日の花はシロワビスケでした >>