2009年 10月 29日
和名はないようです,スウェーデンアイビー
d0006690_5462734.jpgスウェーデンアイビー
シソ科 プレクトランサス属(ヤマハッカ属)

「流通名スエーデンアイビー(プレクトランサス・ウェルティキラツス)」と教えていただきました。近所でプランターからはみ出ていました。

日本でスウェーデン・アイビーと呼ばれているものは2種類あるそうです。

一つはオーストラリア原産のプレクトランサス・アウストラリス(英名 スウィーディッシュ・アイビー)です。

もう一つが私の見た「プレクトランサス・ウェルティキラツス」です。こちらは南アフリカ原産です。

d0006690_5463776.jpg「プレクトランサス・ウェルティキラツス」も「プレクトランサス・アウストラリス」も,どちらも学名です。

南アフリカ原産,オーストラリア原産がなぜスウェーデンなのか不思議に思いますが,私には不明です。

厚みがあり,光沢のある緑色の葉の間からおもしろい形の花が飛び出していました。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2009-10-29 06:59 | 花の手帳 | Comments(2)
Commented by tona at 2009-10-29 21:09 x
我が家にも10年前からあるのです。
いろいろ調べたりしたのですが、結局「プレクトランサス」と言う名前で覚えました。
学名のどちらかわからないけれども、スウェーデンアイビーと呼んでいいのでしょうかね。
Commented by gakis-room at 2009-10-30 07:28
tonaさん,
あるサイトには「プレクトランサス・アウストラリス(英名 スウィーディッシュ・アイビー)」がスウェーデンアイビーで,私の見たものはスウェーデンアイビーではない,とありました。
私は覚えやすいので流通名に従ってスウェーデンアイビーで覚えることにしました(笑)。


<< 白鳥ではなく白蝶です,ハクチョウソウ      深まる秋,きょうから最高気温は... >>