2009年 10月 26日
ウンランの花は知りませんが,ホソバウンラン
d0006690_1215665.jpgホソバウンラン(細葉海蘭)
ゴマノハグサ科 ウンラン属

「例の田舎道」です。花がウンランに似ているが,葉が細いのでこの名がついたようです。英名の Toadflax は「蟇蛙・亜麻」です。花のかたちを蟇蛙に見立てたのでしょうか。

ヨーロッパの原産で明治〜大正時代に観賞用・薬用植物として持ち込まれたものが,野生化したようです。あるいは,繁殖力が強いので,「法面緑化」などに使用された結果,広く野生化してしまったとも言われています。

※「法面緑化」
「法面」とは掘削したり盛土をすることにより出来た土の傾斜面のこと。法面緑化は,この土の傾斜面を植物により被覆し安定させること。

d0006690_12284.jpg背丈は40センチほどでした。花の大きさは1センチ位で集まって花序をつくっています。

繁殖力の強さからやっかいな雑草扱いにされているようですが,斜面の一面にこの花が咲いている景色はきれいだろうなと思ってしまいます。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2009-10-26 12:04 | 花の手帳 | Comments(2)
Commented by saheizi-inokori at 2009-10-27 08:36
きれいですよねえ。
Commented by gakis-room at 2009-10-27 15:21
saheiziさん,
きれいですよね。しかし,一部では嫌われ者のようです。


<< 10月26日のいろいろ      2日続きの温かい朝にほっとしています >>