2009年 10月 21日
「近くの公園」は6年間に39センチ陥没した?,三角点の謎
d0006690_1933959.jpg「近くの公園」の南の端に「三等三角点」があることを知ったのは昨年の4月のことでした。

先頃,「近くの公園」の南側に並ぶキョウチクトウが剪定されて,今年も三角点を見ることができるようになりました。昨年は気づかなかったのですが,フェンスに2枚の掲示がありました。

「△點のつどい」というサークルがあって,三角点探訪をしているようです。この掲示はそのグループの足跡なのだと思います。

この掲示にあるように,それが昨年の4月20日であったかは定かではありませんが,リーダーらしき人に説明を受けているグループを見かけたことがあります。

この掲示の「点コード」の「TR3」は三等三角点であること,その後の「5135」はこの地点の北緯3*度と東経13*度を示しています。そして「76」は「2万5000分の1の地図の位置」,「1601」は「2万5000分の1の地図」を100分割した番号とその番号上で何番目の三角点かの記号です。

ところで,「北緯3*度36分00秒」と「東経13*度49分43秒」の後の4桁の数字は何を意味するのでしょうか。2008年と2002年ではほんの少し違っています。

また,この地点の「標高」は2002年では62.58mですが,2008年では62.19mです。その差の39センチは何のでしょう。6年間に39センチこの地点は低くなったのでしょうか。それとも以前の測量値が修正されたのでしょうか。ちょっとした謎です。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2009-10-21 07:00 | つれづれに | Comments(0)


<< 風に揺れる,メキシカンセージ      季節外れの黄砂 >>