2009年 10月 16日
小春日和だから?,カメの甲羅干し
d0006690_18442457.jpg「近くの公園」の池です。昨日,そこでカメり甲羅干しを見ました。池沿いの岸でカメの甲羅干しは毎年見ますが,それはきまっ春先のことです。わたしにとって季節の1つの風物詩ですが,この季節に見るのは初めてのことです。

春が盛りになると,カメの甲羅干しは見られなくなります。一昨日,昨日と小春日和,カメも陽気に誘われてのことも知れません。とはいえ,2日間とも最高気温は平年を上回ったとはいえ,わずか1〜0.8度のことです。

それでも,8日連続平年を下回ってきましたから,日差しが暖かに感じられました。日差しと言えば,「日陰が涼しい」季節から「日差しが暖かい」季節にいつの間にかかわってしまいました。

公園の「私のベンチ」も午後2時を過ぎるとマンションの影に入り,涼しさを通り越して「冷え」感じてしまいます。

ところで,このカメたち,どのようにしてここに上がったのでしょうか。昨日の疑問です。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2009-10-16 08:38 | つれづれに | Comments(2)
Commented by yuuko-11 at 2009-10-16 11:24
夕子ちゃんが、
今までは、日陰ですずんでたのが
日なたにいる時間が長くなりました。
おかげで、車で帰ってきたらとってもじゃまです。
ちらっと見るだけでのこうとしないだもの!
↓タマサンゴみたいな木を植えたのですが、
日当たりが悪いのか、放置しすぎなのか、栄養不足なのか、
貧相なまま存在しています…
Commented by gakis-room at 2009-10-16 18:09
yuuko-11さん,
夕子姫も日向派に転向しましたか,私と同じですね(笑)。

下のタマサンゴ,
野生ですから,栄養が良いのですかねえ。


<< キンモクセイの花の行方      熟して緑色から赤色に,タマサンゴ >>