2009年 10月 14日
帰り咲きの花を見ゆ,ハクチョウゲ
d0006690_17151296.jpgハクチョウゲ アカネ科 ハクチョウゲ属

ハクチョウゲと教えていただきました。「近くの公園」です。ひっそりと2輪だけです。通常の花期は5−6月ですから返り咲きのようです。

漢字では白丁花。別名を「6月の雪」と言うそうです。英名では June snow(6月の雪),snow rose(雪のバラ),Tree of a thousand stars(千の星の木)といろいろあるようです。

ハクチョウゲの名前の由来は葉のかたちが チョウジ(丁子) の葉に似ることから,あるいは花が白く丁字型であることから白丁花のようです。

それでふと思いました。沈丁花の「沈」は何だろうと。

d0006690_17152517.jpg花径は1センチほどの小さな花です。真っ白な5弁に,薄紫色の筋がうっすらと入っています。5本の雄しべ真っ白です。花言葉は「純愛」です。

花期にはこぼれるようにたくさん咲くそうですからきっと見事であろうと思うのですが,なぜこれまで気づかなかったのでしょうか。悔しい気もします。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2009-10-14 05:57 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/10335043
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熟して緑色から赤色に,タマサンゴ      10月12日,1960年 >>