2009年 10月 09日
オシロイバナには花弁がない
d0006690_11311978.jpg「オシロイバナには花弁がない」とこちらのブログで教わりました。

花弁に見えるものは萼で,(花弁に見える)萼の根元にの緑色の部分は萼ではなく苞とのことです。

萼(がく)…花被(かひ)の内外二重のうち,外側の花
      被をいう。内側はの花被は花弁。
苞(ほう)…花や花序の基部にある特殊な葉。苞葉とも
      いう。蕾時に花を保護する。

オシロイバナ オシロイバナ科 オシロイバナ属

花は1夜限りの短命です。多くの場合,午後3〜4時頃に咲き,翌朝の9時過ぎには萎んでしまうそうです。それで,英名では「Four-O'clock(4時)」,中国名では「吃飯花(チーフカンフォア)」(「夕ご飯の頃に咲く花」の意)と呼ばれるようです。

日本での別名は「ユウゲショウ(夕化粧)」です。ユウゲショウといえば,(アカバナ)ユウゲショウという花もありました。

花径は3センチ位ですが,色は普通に見られる赤,白以外にピンク,黄色および「絞り」があるそうです。

写真は「白にピンクの絞り」でしょうか。「例の田舎道」です。「絞り」の模様はまちまちですが,それは突然変異を起こしやすい「易変遺伝子(いへんいでんし)」のによるものでだそうです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2009-10-09 13:49 | 花の手帳 | Comments(6)
Commented by yuuko-11 at 2009-10-09 15:53
トラックバックさせていただいたワン♪
ミゾソバのガクみたいなとこは苞?
ミゾソバもオシロイバナもなんだけど、繁殖力はすごいなあと…
こちらでは、あまりにもはびこりすぎて、半雑草化扱いです(笑)
Commented by イネ at 2009-10-09 17:11 x
萼は外側の花被。苞は花を守っていた葉っぱ。かな?
大分すっきりしました。
Commented by gakis-room at 2009-10-09 18:05
yuuko-11
>ミゾソバのガクみたいなとこは苞?
さてどうなんでしょうか。
言われてみれば「そうなんだ」と納得はするのですが,
それ以上は私には分かりかねますね(笑)。
Commented by gakis-room at 2009-10-09 18:07
イネさん,
苞と萼の違いは理屈では分かるのですが,
実際の判別は私にはできません,まあ,自然のことですが。
Commented by 高麗山 at 2009-10-10 01:31 x
我々一般人が、花と認識している物は
いったい、何なんですかネ?
最近の大いなる疑問です。
Commented by gakis-room at 2009-10-10 09:08
高麗山さん,
極々少数の例外を除けば,ほとんどは一般人なのですがねえ(笑)。
「花」とは花弁のことで,例外的に萼とか苞とかの「なりすまし花」があるんですかね。


<< 5ミリほどの花です,ウリクサ      台風余話,寒暖差の小さかった昨日 >>