2009年 10月 03日
きょうは旧暦8月15日,中秋です
d0006690_117155.jpg きょうは旧暦8月15日,つまりは中秋です。歴法と天文学上の満月との差については,一昨年に「中秋の名月,実は十三夜」で書きました。今年の場合は明日が天文学上の満月です。

しかし,私には,見た目の小望月(14日)も望月(15日)も十六夜(16日)もほとんど見分けが付きません。まあ,何よりも「きょうは中秋の名月」,明日になれば「きょうは満月」とお酒を飲む口実がはっきりしていることを素直(?)喜ぶことにします。つまりは「きょうも月見だ,月見だ」と。

そのうえ, 昨年の中秋は残暑の厳しいさなかの9月4日でしたが ,今年の場合は6月23日から7月1日までは「閏5月」でしたから,きょうの旧暦8月15日は季節としてもまさしく「中秋」です。今日の天気予報は「北の風くもり 昼過ぎから夕方くもり」ですが,さてさて,どうなりますか。

ところで,「中秋の月」については中国にはこんな物語があるようです。

【嫦娥じょうが)奔月】 その1 
昔,空には太陽が10個ある時代がありました。そのため,地上は焼けつくように熱く,作物も育たず飲み水もなく,人々は大変苦しい生活を強いられていました。その頃,天界に弓の名手「 后羿(こうげい)」がいました。彼は人々を救おうと9つの太陽を次々と射落とし,さらには猛獣や大蛇も射殺したので,人々は平和に暮らせるようになりました。

しかし、 后羿が射落とした9つの太陽は,実は天帝の子供であったので,天帝はひどく怒り、 后羿とその妻の嫦娥(じょうが)を人間界へと追放しました。この時,西王母は 后羿に同情し,いつか天界へ帰って来られるようにと,たった一粒しかない不老長寿の薬を 后羿に授けました。

后羿は,こうして人間界に降り立ちましたが,后羿は人間界の英雄として次第に尊大となり,粗暴な振る舞いをするようになります。妻の嫦娥は夫后羿のこうした態度,振るまいにすっかり傷つき、夫のもとを去る決心をします。つまり,自分が去ることにより 后羿が自分の過ちに気づき,再び温厚で心の正しい人に戻るよう願ってのことでした。

8月15日の晩,嫦娥はあの不老長寿の薬と飲むと月へ向かって飛び立ちました。そして,月の女神「広寒宮宮主」となりました。

【嫦娥じょうが)奔月】 その2
異説もあります。弓の名手,后羿が9つの太陽を射落すことは同じですが,彼は人間界の住人です。

9つの太陽を射落とした后羿やがては嫦娥という美しい女性と結婚しました。嫦娥はとてもやさしく聡明で2人は仲むつまじく暮らします。さらには 夫婦は 后羿 が狩で仕留めた獲物を近所に分けるなど,親切な夫婦として慕われていました。

ある日, とある道士が后羿 の徳を讃えて彼に不老不死の仙薬を与えました。しかし,彼は妻や家族と離れてまで長生きすることを望まず,その薬をしまったままにしていました。

しかし、彼が狩へいっている間に,不老不死の仙薬のうわさを聞いた悪人が家に押し入り,不老不死の仙薬を奪おうとします。妻の嫦娥は悪人に仙薬を奪われまいと,やむなくその薬を自分が飲んでしまいました。すると彼女は仙女となり,空へ飛翔してしまいます。

后羿を想う嫦娥は,地球からいちばん近い月へ留まりました。狩から戻り,侍女からことのいきさつを聞いた后羿は深く悲しみ,自分も月を目指そうとしますが,どうにもなりません。哀しみにくれた彼は、毎月満月の夜,果物などを供えて妻を偲ぶことにしました。

次の年の8月15日の満月は,特に明るいものでした。月の宮の舞姫となった嫦娥も夫を想い,地球を偲び,その世は地球の夫への舞を舞っていたのです。嫦娥を慕う人々も,后羿と一緒にお供え物を始めるようになりました。こうして中秋節は始まりました。
[PR]

by gakis-room | 2009-10-03 08:19 | つれづれに | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/10292374
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 高麗山 at 2009-10-04 01:33 x
夕刻6時過ぎには、見事なお月様!   ススキのあり場所も確認して9時過ぎにカメラと三脚を携えて外に出てみると叢雲どころか、一面の雲、アア…

PCの表紙を飾るはずだったのに。。。
Commented by saheizi-inokori at 2009-10-04 10:34
昨夜はキムチと豚肉を買ってきてあり合わせの野菜と鍋をしました。
そういうわけで月を見忘れました。今夜こそ!
Commented by gakis-room at 2009-10-04 10:44
高麗山さん,
それはお気の毒でした。私は6時過ぎから7時近くまで「近くの公園」の「私のベンチ」で「月に叢雲」を楽しみましたよ。
今夜が天文学上の満月ですから,再度,挑戦めされよ。
Commented by gakis-room at 2009-10-04 10:46
saheiziさん,
キムチ鍋でしたか。いつの間にか「鍋」の季節になりました。
天文学的にはきょうが満月ですから,今夜をお楽しみください。
Commented by saheizi-inokori at 2009-10-04 17:01
この記事、リンクさせていただきます。よろしくお願いします。
Commented by gakis-room at 2009-10-04 17:15
saheiziさん,
どうぞ,どうぞ。ご丁寧に恐縮です。
Commented by イネ at 2009-10-04 17:51 x
昨夜は眠る前にgakisさんの記事を思い出し、ベランダに出ました。
中秋の名月!煌々たる月明かり!月の光を浴びました!
証誠寺のタヌキみたいになり、眠るどころではなくなりましたとさ。
Commented at 2009-10-04 22:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gakis-room at 2009-10-05 03:34
鍵コメさん,
なんと迂闊な私でしょうか。申し訳ありませんでした。
Commented by gakis-room at 2009-10-05 03:35
イネさん,
月の光は不思議です。今朝の未明にベランダでも見ましたが,雲に隠れては顔を出し,また雲に隠れる…。音もなく時間が流れていく,そんな感じでした。パジャマ姿でしたから見とれるのはほどほどにしましたが。


<< 中秋の月の物語      本当の花弁は1ミリほどです,セ... >>