2009年 09月 27日
シマツナソは知らなくても,別名のモロヘイアは聞いたことがあります
d0006690_1047077.jpgシマツナソ シナノキ科 ツナソ属

「マルバルコウ」を見た同じ日,スーパーへの買い物帰りの寄り道の時に見ました。膝丈くらいの大きさです。

漢字で書けば縞綱麻です。「綱麻」をなぜ「ツナソ」と読むのかは不明です。別名を「タイワンツナソ」あるいは「ナガミツナソ」と言います。さらには「ジュート」と言います。

ジュートと言えば,別種の黄麻(コウマ)もジュートと呼ばれ,共に繊維原料植物で,昔,地理の時間に習った記憶があります。

シマツナソの葉は食用になります。栄養価が高く,健康野菜としては「モロヘイヤ」と呼ばれます。こちらの呼び名が有名です。何でもクレオパトラの美の源であったとか。しかし,種子には強い毒性があるようです。

d0006690_10471217.jpg花の花径1センチ位です。黄色の5弁ですが,花よりも葉の基部にある長い2本の棘みたいなものがおもしろいと思いました。

【モロヘイヤの栄養価】
カロチン…ニンジンの2倍,ホウレンソウの4倍
ビタミンA…アシタバの3倍,ホウレンソウの3倍
ビタミンC…アスパラガスの4倍、ミカンの2倍
ビタミンB1…ホウレンソウの6倍。パセリの3倍
ビタミンB2…ニンジンの99倍,ホウレンソウの12倍
カルシウム…ホウレンソウの9倍,パセリの2倍,ブロッコリ-の8倍
カリウム…ニンジンの2倍
鉄…タンジンの3倍

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2009-09-27 10:50 | 花の手帳 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/10271616
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2009-09-27 22:08
好物です。ぬるぬるするものはみんな好き。ナメクジ以外は。
Commented by イネ at 2009-09-27 22:15 x
モロヘイヤは黄色い花が咲くのですね。

夏は葉ものが少ないですが、この夏はもっぱらモロヘイヤでした。
茹でるとぬるぬるになり、茹で汁を絞りきれません。
刻んでしょうゆや鰹節を掛けて、時には納豆に混ぜていただきました。
gakisさんは納豆はnoですか?
栄養満点なのですね。棘っぽいもの確かにあります。
痛いことはありません。
ツナソですね。はじめて聞く名前です。
Commented by gakis-room at 2009-09-28 07:48
saheiziさん,
私はまだ食べたことがありません。ひょっとしたら,東京でモロヘイヤ入りラーメンを食べているかも知れませんが。
Commented by gakis-room at 2009-09-28 07:53
イネさん,
オクラは時々食べますが,モロヘイヤはまだ食べたことがありません。

納豆は好きです。そのままでもいいですが,温かいご飯にかけるのもいいもんです。


<< 2ミリくらいの小さな花です,アオジソ      懐かしの「カムイ外伝」 >>