2009年 09月 25日
小さな花ですが,目立っています,マルバルコウ
d0006690_7225354.jpgマルバルコウ ヒルガオ科  サツマイモ属 

一昨日,スーパーへの買い物帰りに寄り道をしました。遠くからでもヒガンバナの群生があまりにもきれいだったからです。

マルバルコウもその時に見ました。最初はマメアサガオかなと思いましたが,マメアサガオはの花は白色です。ツルでしっかりと絡まって,ちょっとした群落を作っていました。

熱帯アメリカ原産で,江戸末期に鑑賞用に持ち込まれたようです。マルバルコウ(丸葉縷紅)の名前の由来は花がルコウソウ(まだ見ていません)に似ているが,ルコウソウの葉は細い羽状に裂けますが,こちらは葉がハート形の丸葉だからです。

d0006690_723212.jpg花径は1.5位です。濃い朱色です。おしべ,雌しべが大きく飛び出しています。小さな花ですが,緑の中ではよく目立ちます。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2009-09-25 07:27 | 花の手帳 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/10263766
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yuuko-11 at 2009-09-25 10:22
こちらでは、モリゾー化するほどはびこっています(笑)
そうそう、彼岸花の横で、何食わぬ顔して咲いていますね。
Commented by saheizi-inokori at 2009-09-25 10:32
少しきつい赤、小さいから許してやろう。
Commented by gakis-room at 2009-09-25 11:24
yuuko-11さん,
モリゾー化しているんですか。
赤い目がたくさん付いていて,いいえ,花柄の装いですよね(笑)。
Commented by gakis-room at 2009-09-25 11:28
saheiziさん,
許していただいてありがとうございます(笑)。
この色で5センチ位あったら,ギョッとしますね。


<< 懐かしの「カムイ外伝」      何とも冴えない名前ですが,イボクサ >>