2009年 09月 20日
返り咲き? 季節外れのナンテンの花
d0006690_7421247.jpgナンテン(南天) メギ科 ナンテン属

「例の田舎道」です。ナンテンの花と教えていただきました。ナンテンと言えば赤い実を思い出します。

花を見た(花が見えた)のは初めてです。しかし,調べてみるとナンテンの花は初夏に咲きます。撮影は24日です。9月の中旬に見るとは意外でした。

これも教えていただいたことですが,「春に咲く花が刈り込まれた後に伸びて、夏や秋に咲く例」はままあるとのことです。

この道では,道に大きくはみ出した草木が時々刈れています。それで返り咲きのようになっているのだと納得しました。


d0006690_745640.jpg花弁は落ちやすいののかも知れません,実際は白色の6弁です。中央の白い部分が雌しべで,それを取り囲む黄色の部分が雄しべなのでしょうか。

果実には咳止めの効果のあるアルカロイドが含まれており,生薬として使われるそうです。そういえば,「南天のど飴」というのがありました。

また,ナンテンの葉には防腐効果があるそうです。魚料理に添えられたり、赤飯に乗せたりするのも,この防腐効果によるものでしょうか。

名前のナンテンは漢字では「南天」ですが,「難を転じる」からきているようです。私の家にも頂き物の「白南天」の箸があります。見てみたら「厄除け」というシールが貼ってありました。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2009-09-20 13:03 | 花の手帳 | Comments(6)
Commented by acniafafa at 2009-09-20 19:00
こんばんは。
変わった花ですね。
雄しべを包むというより、外に出すという感じです。
Commented by gakis-room at 2009-09-21 16:34
acniafafaさん,
イヌホオズキと同じように花弁が反り返ります。反り返る前の6弁はきれいな花です。
Commented by tokuro94 at 2009-09-23 10:57 x
先日、上級教会の子ども達は、もちつき中に木の実を口に入れようとしていました。更に餅をついている臼の中に入れようと突進してくるので、慌てて止めました。周りの方に聞けば、ナンテンだとか。まだ赤くならない、緑色の実でした。
Commented by gakis-room at 2009-09-23 12:31
tokuro94さん,
今頃のナンテンの実はまだ緑色ですね。
ところで,餅の中にナンテンの実を入れようとするなんてとんでもないガキだ(笑)。
Commented by tokuro94 at 2009-09-23 20:15 x
子ども達の行動は、見ていて本当に飽きません。とんでもないことをしますが、許せます。ナンテンの実は、未就学児4人が皆、手に持って遊んでいました。3人が食べようとしていました。いや、ひょとすると大人が見ていない所で、食べていたかもしれません(笑)
Commented by gakis-room at 2009-09-24 06:09
tokuro94さん,

>とんでもないことをしますが、許せます
優しい人なんですね。


<< 再び,涼しいのか,暑いのか      新大臣の拙速なパフォーマンスで... >>