2009年 09月 12日
身近なところにありました,アメリカイヌホオズキ
d0006690_9563014.jpgアメリカイヌホオズキ ナス科 イヌホオズキ属

これまでもイヌホオズキはよく見てきましたが,アメリカイヌホオズキは初めてです。

今朝,散歩途中にマンションに隣接する駐車場の脇で見ました。8日のチドメグサもそうでしたが,見たいと思っていたものが見られてちょっと嬉しい気分です。

花はどちらもとてもよく似ており,私には区別が付きません。見た目の違いは,アメリカイヌホオズキの葉はやや細めで,大きめの鋸歯があります。

しかし,花の付き方が断然違います。

d0006690_9564133.jpgアメリカイヌホオズキは「散形花序」で,花軸の先端から何本もの柄を出し,その柄の先に花をつけます。

イヌホオズキは「総状花序」で,花軸が長く伸び,柄のついた花が間隔を開けて着けます。

つまり,花が1個所から出ているのがアメリカイヌホオズキで,並んで付いているのがイヌホオズキです。これまで何度も確かめてはその度に裏切られてがっかりしてきました。

花の色は,淡紫色あるいは白色ですが,イヌホオズキは白色だけのようです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2009-09-12 09:58 | 花の手帳 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/10214193
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yuuko-11 at 2009-09-12 15:53
実ができたら区別がつくのですが(笑)
そうそう<ヒメムカシヨモギ>ただ今、家の前に存在しています。
ただ、こちらでは、アレチノギクのほうが多いような…
Commented by gakis-room at 2009-09-12 18:22
yuuko-11さん,
実に光沢の光沢のあるのがアメリカイヌホウズキとか。

8月8日にヒメムカシヨモギをアップしてから,しばらく舌状花のありなしを確かめていました。こちらもアレチノギクが多いようです。
Commented by saheizi-inokori at 2009-09-12 18:42
分かったようで、、もうあきらめの境地です。
Commented by gakis-room at 2009-09-12 19:08
saheiziさん,
私自身が本当のところは何処まで分かっているのやら。


<< 寒暖差の小さな日      涼しいのか,暑いのか >>