2009年 09月 10日
葉のかたちがおもしろい,キレハノブドウ
d0006690_18371469.jpgキレハノブドウ(切葉野葡萄) ブドウ科 ノブドウ属

「例の田舎道」です。キレハノブドウと教えていただきました。ノブドウの葉は多様で,葉の切れ込みが深いものをキレハノブドウと言うそうです。

確かに「切れ葉」です。大きな葉は10センチ以上もあります。

ノブドウと言えば,昨年の10月11日の「色とりどりに実を付けるノブドウ」の中で「ノブドウの花をまだ見たことはありません」と書きましたが,花も見ることができました。

d0006690_18372510.jpg花径は3ミリくらいです。花のかたちはヤブガラシによくにています。花弁がすぐに落ちることも共通しています。

違いと言えば花の大きさがヤブカラシよりも少し小さいこと,花弁はヤブガラシは4枚ですが,こちらは5枚です。

ノブドウのように,キレハノブドウの実もまた,色とりどりに実を付けるのでしょうか。ちょっとした楽しみです。もっとも実は有毒だそうです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2009-09-10 18:45 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/10207933
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2009-09-11 09:00
これはときどき見かけます。ブドウだったのですか。
Commented by gakis-room at 2009-09-11 19:43
saheiziさん,
ブドウの1種ですが,実の大きさからはとてもブドウとは思えませんでした。


<< 涼しいのか,暑いのか      1ミリほどの花の自己主張です,... >>