2009年 09月 08日
ほんとに久し振りの出会いです,チドメグサ
d0006690_17585880.jpgチドメグサ(血止め草) セリ科 チドメグサ属

チドメグサは私の虎が煙草を吸っていた頃からその名前を知っている数少ない草の一つです。指や膝に貼り付けて遊んだ記憶はありますが,「血止め」に使った記憶はありません。

そして,「チドメグサ」とは俗称だと思っていました。しかし,正式な「種名」です。生葉をもんで塗ると効果があるそうです。それが名前の由来です。

このことを2年前に知りました。以来,もう一度チドメグサを見てみたいと思ってきましたが,今朝の散歩途中でようやく出会いました。小学生の頃以来のことです。「近くの公園」に続く路傍です。

d0006690_1759879.jpg葉の大きさは1センチ位です。チドメグサにも花があることを初めて知りました。写真はこれから咲くのでしょうか。それとも花後でしょうか。塊の大きさは3ミリくらいです。

調べてみるとチドメグサの花は1ミリにも充たない薄緑色の5弁です。それが10個位集まって花序を作ります。しかし,花柄が葉柄より短いために,上からはほとんど見えないようです。
[PR]

by gakis-room | 2009-09-08 18:01 | 花の手帳 | Comments(0)


<< 1ミリほどの花の自己主張です,...      文科省,「新型インフルエンザ対... >>