2009年 09月 06日
「責任力」の現況,自民党の「白票」方針
自民党執行部は,16日の特別国会での内閣総理大臣指名には「白票」で臨むように調整しているようです。自民党内の「無責任の連鎖反応」も極まったかのようです。言うまでもなく,総選挙後に招集される特別国会では,「内閣総理大臣の指名は他の全ての案件に先立って行う」(憲法第67条)国会としての最重要事項です。

その内閣総理大臣の指名に「党として白票で臨む」というのです。このことを今朝のテレビで,石破茂農水相は「国会議員の職場放棄」として反対の立場を表明していました。

「党としての白票」は単に「国会議員の職場放棄」にとどまるものではありません。これまでも所属政党の決定に反して「白票」を投じた議員は何人もいました。代表的な例として村山内閣成立時に党決定への抗議の意思表示として何人が「白票」を投じました。

しかし,党決定での「白票」となると,
  1 自民党内には内閣総理大臣としてふさわしい者はいないことを吐露
  2 それ以上に,「議員内閣制での政党であること」を自己放棄
ということになるでしょうか。

「無責任の極み」については,「元祖政権投げ出し」,「2代目政権投げ出し」がありました。そしてそれは個人の属性の問題かと,私は思ってきました。しかし,自民劣勢が伝えられれた総選挙以降は,「責任力」をスローガンとして掲げた自民党全体の体質が実は「無責任」なのかと思ってしまいます。

解散前後に突然任務を放棄した派閥会長がいました。公示後には「自民党を隠す候補者」が続出しました。その代表は「オホーツクなんとか」を名乗った元幹事長でしょうか。選挙に惨敗すると,派閥の個別の理由からでしょうか,落選議員をそのまま派閥会長として存続させる派閥もありました。

「国会議員の職場放棄」と憤った石破農水相自身も二階経済産業相とともに,世界貿易機関(WTO)非公式閣僚会合に「政権が交代することが確実である以上は,私が出ることは適切ではない」との理由で欠席,職責放棄を決めました。また,与謝野財務相も,G20(20カ国・地域財務相・中央銀行総裁会議)には「医師の賛意が得られなかった」として欠席しています。

そして,内閣総理大臣の指名についての「自民党としての白票」です。最終的には8日の両院議員総会で確定するのでしょうが,自民党としてその様にまとめようというのですから,結果の如何に拘わらず「政党であることを止めた」方針とも言えます。「責任力」の哀れな現況です。
[PR]

by gakis-room | 2009-09-06 20:00 | つれづれに | Comments(6)
Commented by yuuko-11 at 2009-09-06 18:49
もう、自由投票すれば?
総裁選挙 18日告示―28日投開票らしいね。
また、全国を練り歩くのかな。ますます自滅しそうな気がするのだが
あっ、自由投票にして、ついでに総裁もそれで決めると(逃)
Commented by gakis-room at 2009-09-07 06:07
yuuko-11さん,
最悪の事態は18日までに立候補者がゼロ(笑)。
まあ,石破さんは出そうですが。
Commented by saheizi-inokori at 2009-09-07 09:49
自民党の総裁選は見ものですね。
メデイアの対応も含めてじっくり見物しましょう。
イシバの真面目くさったコメントもなんだかおかしくてしょうがない。
だれでもいいから名前を書かなくては、なんて正直っというかアホというか。みんな自分の名前を書いたらどうや?
Commented by gakis-room at 2009-09-07 12:05
saheiziさん,
高見の見物です。
おもしろいことに,民主党のほうが人材豊富のようですね。
Commented by convenientF at 2009-09-08 13:33
全員「convenientF」と書かなければいけません!
マジメに考えてくださいよ^^。
Commented by gakis-room at 2009-09-08 17:08
CFさん,
だから,おいらを総裁候補にと言ったのに,とは宮崎県知事のぼやき。


<< 文科省,「新型インフルエンザ対...      どんな香りでしょうか,オランダハッカ >>