2009年 09月 05日
どんな香りでしょうか,オランダハッカ
d0006690_18512344.jpgオランダハッカでしょうか。
シソ科 ハッカ属

「例の田舎道」です。葉の鮮やかな緑色からミドリハッカとも言うようです。江戸時代の末期にオランダから移入されました。

私はこれまで,単純に「ハッカ=ペパーミント」と思ってきました。しか,ペパーミントはウォーターミントとスペアミントの交配品種なのだそうです。

ペパーミント…香りが強く,メントールの含有量も多い
スペアミント…香りは比較的弱く,甘い香りがある

あの「ハッカ味」の強いのがペパーミントで,弱いのがスペアミントかなと思ったりします。歯磨きはスペアミントのようです。


d0006690_18513482.jpg花穗の長さは10センチ位です。1つ1つの花は5ミリ位の4弁ですが,風に揺れて上手く撮れませんでした。

オランダハッカと知ったのは帰宅してからでしたから,香りをかぐことはしませんでした。味は分かりますが,同じ香りなのでしょうか。

来週にも「例の田舎道」には行きますから,香りを確かめてみようと思っています。

なお,葉が縮緬(ちりめん)状にカールしているものを特に「チリメンハッカ」と詠んでいるようです。
[PR]

by gakis-room | 2009-09-05 18:57 | 花の手帳 | Comments(0)


<< 「責任力」の現況,自民党の「白...      きれいな花ですが,チョウセンアサガオ >>