2009年 08月 31日
「風」って
二日酔いの体を持て余しながらも,それでもきょうの最高気温,26.5度と部屋抜ける風にに救われて,終日ワイドショウのハシゴをしていました。

自民党と公明党の惨敗について,国民から「×」を付された人たちは一応に「逆風によって」と敗北の原因を語っていました。しかし,その「逆風とはなにだったのか」あるいは「逆風の原因は何であったのか」を誰もが語っていなかったのがおもしろいと思いました。

私の理解では,「風」の原因ははっきりしています。「小泉改革」以来,「風」はゆっくりと吹き始めました。私はそれを「責任力の来し方」としていくつかの数字で確かめてみました。国民の生活は疲弊の度合いを強めめます。「国民の生活の疲弊」,これが「風」の発生だったでしょうか。その「風」を以降の3代の内閣が強風,暴風に育てました。

「風」の原因をくった小泉首相はさっさとトンズラしました。ある人たちはそれを「美学」と褒め称えました。「散るドレン」は哀れにも使い捨てでした。しかし,後に「実の子」だげにはしっかりと遺産を相続させて,「風」の勢いを加速させました。

解き放された「国民の生活の疲弊」は進みます。「選挙の顔」と言うだけで成立した安倍内閣はカタカナ英語をちりばめた「美しい国」と閣僚の相次ぐトンマと自身の「元祖政権放り出し」によって「風」の勢いを強めました。それが参議院議員選挙の敗北でした。政治を人気投票と錯覚したのですが,このことには未だに気づいていないようです。

続く「選挙の顔」だけの福田内閣は「風」に首をすくめることによって,つまりは何もしないことによって,「風」をかわそうとしましたが,何もしないこととは「3分の2」に身を任せることでした。そして,「2代目政権放り出し」によって「風」はさらに強められました。

国民生活の疲弊がより深刻化していきます。3代目「選挙の顔」の麻生内閣,「一貫してブレる」内閣でした。漢字の読めないその内閣が「責任力」とかいう漢字を使うのですから,内閣の軽さは極まりました。

以上が私の感想ですが,産経新聞の乾正人政治部長の見解は違います。今朝の署名入りの「自民は『交代可能』な党に」(ウェブサイトの見出しでは「あえて言う『消えるな!』」)では自民党の惨敗の原因を三つあげています。

1 「100年に1度の」の経済対応が十分でないと多くの有権者が感じ,年金・医療への不安を解消できなかった。
2 「小泉改革」を推進するか,見直すかの党としての結論を出せないまま中途半端であった。
3 麻生太郎首相は、古くからの自民党支持者の心をつなぎ留めることもできなかった。靖国神社を終戦記念日に参拝
  しなかったことへの保守層の失望は大きい。


おもしろいのは,3番目です。この政治部長は以前にも根拠を示すことなく同じことを書いていましたが,今度は以下のように根拠を示しています。

自民党支持者の約3割が民主党に投票している。つまり、時々の風に流されやすい無党派層だけではなく、自民党の常連まで愛想を尽かしたというわけだ。

つまり,靖国神社参拝の期待を裏切られた「自民党の常連」が民主党に投票したと言うことのようです。せめて高投票率に目をつぶって「棄権した」といえば,論理の整合性だけはあるのですが。

それよりも「無党派層」である私としては,「時々の風に流されやすい無党派層」というこの政治部長の大衆蔑視あるいはニヒリズムは見逃せません。
[PR]

by gakis-room | 2009-08-31 21:22 | つれづれに | Comments(2)
Commented by saheizi-inokori at 2009-09-01 14:48
飽和した資本主義(グローバリズム)にただただアメリカの年次要望書の言うなりになってきた小泉以前にも問題ありですね。
つらくても自主独立の国としてどうするのかを本気で考えてこなかった。
郵政改革はまさに年次改革要望書の神髄であり、その意味では国民新党などはいいところを突いていると思います。ただ郵政の見直しがそこまでの意味で言ってるかは不明ですが。
親米でも反米でもどちらにせよ日本は独立している国だということを忘れてはいけない。
Commented by gakis-room at 2009-09-01 18:53
saheiziさん,
対米従属を「日米同盟」なる言葉と言い換えたのは小泉・竹中内閣からでしょうか。


<< 平年より涼しい8月でした,8月...      2009年8月30日 >>