2009年 08月 21日
「責任力」の来し方 その4,生活扶助世帯数は20年で倍に
生活保護法11条による「生活保護」には「生活扶助」,「教育扶助」,「医療扶助」,「介護扶助」,「出産扶助」,「生業扶助」,「葬祭扶助」,「住宅扶助」の8っがあります。

この中で「生活困窮者が、衣食、その他日常生活の需要を満たすための扶助であり、飲食物費、光熱水費、移送費などが支給される」ものが「生活扶助」で,「生活保護」の中核をなすものです。

その「生活扶助」受給世帯の数を見てみました。
1971年以降の統計では,受給世帯が最も少なかったのは1992年です。以降,受給世帯は毎年増加しています。
  1992年  48万1920世帯
  1997年  52万3474(1992年の1.09倍)  
  2002年  74万8553(1992年の1.55倍)
  2007年  96万8017(1992年の2.01倍)

1992年を基準にするとこの20年間で2倍に増えました。これもまた,「責任力の来し方」を表す数字です。
d0006690_13104787.jpg
出典:扶助別被保護実世帯数の年次推移
「生活保護」に関する公的統計データ一覧(国立社会保障・人口研究所)
[PR]

by gakis-room | 2009-08-21 13:17 | つれづれに | Comments(0)


<< このまま夏はおわるのでしょうか      「責任力」の来し方 その3,年... >>