2009年 08月 19日
「責任力」の来し方 その2,地方の疲弊を数字でみる
d0006690_19285253.jpgこれもまた「責任力の来し方」でしょうか。ことしの6月にアップされた内閣府の「平成18年度県民経済計算」の「1人当たりの県民所得」から作成しました。東京を100とした場合の指数です。

地域格差とは東京とそれ以外の格差のようです。2006年の「全国平均」は10位(2002年は9位,2003年から2005年までは11位)に相当します。つまりは37道府県が全国平均以下ということになります。

2002年には47位の沖縄だけが東京の半分の50以下でした。しかし,2006年には,常に最下位の沖縄を含めて8県が50を下回りました。

東京を含めた上位5都県のうち,東京だけは右肩上がりです。この5年間の2位を保った愛知県は2003年を除いて右肩上がりですが,これはトヨタ効果でしょうか。しかし,東京との差は拡大しています。

5位は全て神奈川県です。3・4位は静岡と滋賀が入れ替わったりしています。いずれも東京都の格差は拡大しています。

総じて言えば,東京に比べて,2位から5位までの県も全国平均も,したがって東京以外の46道府県のすべてが東京との格差をかくだいさせているということになります。

2007年以降の統計はまだ公表されていませんが,この格差はどうなっているのでしょうか。昨日の朝日新聞の夕刊によれぱ,自民党候補の83%,公明党候補の95%が「日本の政治は国民の意思を反映している」としています。
[PR]

by gakis-room | 2009-08-19 08:29 | つれづれに | Comments(6)
Commented by yuuko-11 at 2009-08-19 10:03
交通の便がよくなればなるほど、格差が広がる?
いや、橋ができて便利なはずなんだけど、
できたことによる不便さのほうが多いのかなと思ったので
Commented by convenientF at 2009-08-19 15:34
本記事と前記事の2本こそgakis-roomさんの「責任力」じゃなかった「識者の責任感」の象徴だと思います。

しかも「所得」の「実質購買力」に触れていらっしゃらないところに床しさを感じます。「所得の購買力」こそが「生活感」であり、客観的な基準の設定はきわめて困難であろうと考えられますからね。
Commented by gakis-room at 2009-08-19 19:23
yuuko-11さん,
「橋ができて,そしてみんな行ってしまった」,かな。
Commented by gakis-room at 2009-08-19 19:25
CFさん,
これでデフレ傾向でなければ,暴動が起こっています,いや,そんなことあるわけないか。
Commented at 2009-08-20 01:08
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gakis-room at 2009-08-20 06:24
鍵コメさん,
そんなことがありましたねえ。

金融広報中央委員会(旧貯蓄増強中央委員会)の調査では,貯蓄目的の第1位は「なんと無く安心だから」とあるように,将来に安心感があれば,地方でも消費は増大すると思います。


<< 「責任力」の来し方 その3,年...      「責任力」の来し方,減少する所... >>