2009年 08月 18日
「責任力」の来し方,減少する所得と増加する国債残高  憂鬱な夏です
きょうから衆議院総選挙が始まります。メディアはどのように報道するのでしょうか。4年前の「選挙報道の貧困さ」は克服されるのでしょうか。

自民党のキャッチフレーズ「責任力」に触発されて,「責任力の来し方」を考えてみました。

d0006690_10304140.jpg表は厚生労働書の「年次別所得の情況」(2007年までの統計しかありません)と財務省の「我が国の財政事情」を中心に作成したものです。

1996年をピークに「1世帯当たりの年間平均所得」は減少し続けています。逆に,国債残高は増加し続けています。

「減少する所得,増加する国債」,これが「責任力の来し方」です。突然に「10年で家庭の手取りを100万円増やす」そうですが,さらに「無責任」を上塗りするようです。

一方,民主党のマニフェストでは財政再建についてはまったく触れられていません。

「農家の個別所得補償」と最低賃金の一律800円(時給)はあっても,「国民の生活向上=内需の拡大」については何も見あたりません。「生活が第一」って「生活全般」とは異なるようです。

先ほど,窓からツクツクボウシの鳴き声が聞こえてきました。この夏初めてです,しかし,憂鬱な夏は続きそうです。
[PR]

by gakis-room | 2009-08-18 10:31 | つれづれに | Comments(8)
Commented by acniafafa at 2009-08-18 23:22
民主党の子育て支援策は、意外に世間に評判が悪いみたいです。

金だけあっても……。ということだそうです。
Commented by gakis-room at 2009-08-19 07:03
acniafafaさん,
妊娠・出産に関わる医療制度,育児休業および手当の充実,保育の保障等の総合的なものでないと「安心」とはいきませんですからね。
Commented by convenientF at 2009-08-20 08:37
見事に狙い、そして命中させた「ノリピー事件」。私はこの事件で初めて「ノリピー」の顔を知ったのですが....

さらに「公示日」に毛髪検査の結果発表。

「してやったり」とガッツポーズのヤツがいるんだろうな。

手当やら税制やらでは子供は増えまへん。
子供らが、少なくとも自分ら親たちと同等は生活を享受できる保証がないかぎり、子作りどころか結婚もできへん。
おまけにジイサンバアサンが扶養家族から外され、医療費に困って泣き込んでくる。

月々現金で渡されたら目先の優先順位に従って消えてしまうのに「育児ナントカ}?
アホ!
Commented by gakis-room at 2009-08-21 13:22
CFさん,
私も初めて「ノリピー」の顔を知りました。
週刊誌は選挙とこの事件を二つの柱にしているようです。
Commented by convenientF at 2009-08-22 07:12
>週刊誌は選挙とこの事件を二つの柱にしているようです。

いやー、選挙の話しは鬱陶しいから「ノリピー」でしょ。
Commented by gakis-room at 2009-08-22 15:28
CFさん,
テレビのワイドショウは「郵政選挙」の時と違って,選挙をほとんど取り上げませんが,週刊文春,週刊新潮,週刊朝日の今週号は二本立てでした。
Commented by convenientF at 2009-08-22 16:12
>週刊文春,週刊新潮,週刊朝日の今週号は二本立てでした。

そうですね。
しかし世間は「どうせ民主だろう」でポイ?
Commented by gakis-room at 2009-08-22 18:28
CFさん,
ポイする前に,いわゆる大物で落ちるやつは誰じゃをチェック(笑)。


<< 「責任力」の来し方 その2,地...      総選挙・明日公示,民主主義の回... >>