2009年 08月 17日
総選挙・明日公示,民主主義の回復過程へ
d0006690_17121343.jpgずいぶんとたくさんの時間が浪費されました。あす,総選挙が公示されます。新聞の「見出し」は「政権選択選挙」なのでしょうが,私には「政府の正統性が回復される日」です。

「優勢民営化に賛成か,反対か,この一点に絞って国民の意思を問いたい」としたあの郵政選挙とその後については,2006年9月26日の小泉内閣の辞任までは国民の付託を受けたものでした。

その意味で,政府(権力)は正統性を持っていました。その後を受けた安倍内閣は,新たな内閣の方針を国民に示して,国民の意思を問うべきでした。しかし,付託を受けようとはしませんでした。国民の付託のない政府,正統性をもたない政府の存続,つまりは「擬製された民主主義」の始まりです。

しかも,あろうことに付託のないままに「美しい国」云々とは。国民の付託のない「美しい国」はそれだけにきわめて悪質でした。そのあげくに「元祖放り投げ」の無責任でした。福田内閣も,国民の付託のないままに,「2代目放り投げ」でした。

国民の付託のない3代目内閣,麻生内閣も事実上任期満了まで「擬製された民主主義」を引きずりました,いいえ権力にしがみつきました。そして,ようやく明日から,「民主主義の回復過程」に入ります。

「責任力」などという無責任極まりないスローガンにはもとより,「絆のある社会を」という意味不明なスローガンにもいささかの期待はありませんが,30日は「政権選択」以上に,私にとっては3年ぶりに「民主主義が回復する日」です。
※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2009-08-17 17:13 | つれづれに | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/10113950
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2009-08-18 07:18
責任力なんて誰が考え出した言葉なんでしょう。
老人力などはユーモアがあって面白いけれど。
実行(する)力、体(の)力、企画(する)力、創造(する)力、、どうも責任に力はくっつきにくいですね。
Commented by gakis-room at 2009-08-18 10:58
saheiziさん,
「無・責任力」ってすぐに突っ込みたくなりました。
Commented by イネ at 2009-08-18 22:26 x
セミの羽化が始まっていますね。
ずっとご覧になられましたか?
新潟の実家に行ったら庭におびただしい抜け殻があり、地面にはたくさんの穴がありました。今年はセミが多いのでしょうか?
Commented by gakis-room at 2009-08-19 06:58
イネさん,
1度,羽化の瞬間を見たいと思っていますが,残念ながら機会がありません。
いつも見るのは抜け殻ばかりです。
Commented by saheizi-inokori at 2009-08-19 09:00
責任転嫁力、責任回避力などという造語ならまだ言葉になっていますね。
ところが責任引き受け力とか責任達成力というようなニュアンスの言葉はなぜか座りが悪いのですねえ。
Commented by gakis-room at 2009-08-19 19:29
saheiziさん,
「責任力」,誰が考えたコピーでしょうか。座りが悪いだけでなく,まったくさえませんね。


<< 「責任力」の来し方,減少する所...      花もあります,コニシキソウ >>