2009年 08月 15日
雌花はどんなかたちなのでしょうか,ジュズダマ
d0006690_18433445.jpgジュズダマ(数珠玉) イネ科 ジュズダマ属

「近くの公園」横の道に沿った水路です。この草は子供の頃から,そうです,私の虎が煙草を吸っていた頃から知っていました。

その時は,ジュズダマではなく,ジュズと思っていました。また,「硬い実」と思っていたのは実ではなく「鞘状の包」でした。

この「鞘状の包」はとても硬く,初めは黄緑色ですが,熟すにつれて黒褐色になります。

それをいくつか集めた記憶はありますが,穴を開けて糸でつないで数珠にした記憶はありません。

d0006690_18434621.jpgおもしろいのは雌花と雄花です。雄花の小穂(しょうすい)は包から外に出て垂れ下がります。強いにおいがするそうです。

雌花は包の中にあって,白い糸状の先だけを外に出して花粉を受けます。いわば恥ずかしがり屋の「箱入り娘」といったところでしょうか。

残念なことにジュズダマは水路の向こう側にあり,「強いにおい」を確かめることも接写もできませんでした。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2009-08-15 18:44 | 花の手帳 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/10106387
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 高麗山 at 2009-08-15 20:04 x
お久しぶりです。
悪ガキの頃にもすでに硬い数珠玉の存在は認識していましたが、実際に自分で採取した記憶はありません。
後年、子供達が採取してきたのをしげしげと観察したことがありました。
今でも時折、小川沿いに生息する数珠玉を無関心ながら眺めています。
Commented by acniafafa at 2009-08-15 23:44
強いにおいっていうのは臭いということですか。
どんな匂いに近いのでしょう。
Commented by gakis-room at 2009-08-16 16:06
高麗山さん,
少し思い出しました。母親がお手玉の中に入れていたように思います。
それを「いくつか集めた」と思い違いをしていたのかも知れません。
Commented by gakis-room at 2009-08-16 16:07
acniafafaさん,
さてどんなにおいなのでしょうか。「草」の青臭いにおいなのでしょうか。確かめることも,思い出すこともできません。
Commented by イネ at 2009-08-16 18:53 x
数珠玉は実ではないのですか!
そして雌花は箱入り娘なのですね。においがあるのですか。
娘たちは数珠玉を糸でつないで、数珠玉と数珠玉の間にはちいさいビーズをはさんで素敵なネックレスを作りました。
わたしは子供の頃もっぱらお手玉をつくりました。
お手玉が落下したときに手にはやや強いというか痛いですが。
近所でご覧になれてうらやましいです。
Commented by gakis-room at 2009-08-16 21:32
イネさん,
やはり,お手玉でしたか。私は下手ではしたが,懐かしい遊びです。
どうしても片手で二つ玉が扱えませんでした。三つ玉,四つ玉は私には手品のように思われました。
Commented by yuuko-11 at 2009-08-17 10:26
お手玉にもネックレスにしたものです。
これ、川の中で、たくさん存在しているのですが、
見るたびに、子どものころは、こんな中、苦もなく入っていって採ってたんだろうなと…
絶対、実際に自分で採取してるはずなのだが、記憶はないのだわ。
でも、なんせ、少々服が濡れようと放置してた(ほっときゃ乾く)子ども時代だったから採ってるかと…
今は、川の中入って!と言う気はさらさらおきんな(笑)
Commented by gakis-room at 2009-08-17 12:36
yuuko-11さん,
子供の頃に平気でできたことが,今ではまったくできないことって,たくさんありますね。
蛙なんて素手で捕まえただけでなく,もっと残酷なこともしました。子供は恐ろしい(笑)。


<< 花もあります,コニシキソウ      「幻の花弁」,ヤブガラシの花を... >>