2009年 08月 14日
「幻の花弁」,ヤブガラシの花をみました
d0006690_1356428.jpgヤブガラシ ブドウ科 ヤブカラシ属

「近くの公園」でヤブガラシを初めて見た(見えた)のは一昨年の6月のことでした。

1度見えてしまうと,それ以降は簡単に目にすることができるようになる,これはこれまで幾度となく経験してきました。「近くの公園」ではあちこちでヤブガラシを見ることができます。

しかし,2年前も,その後もヤブガラシの緑色の花弁を見ることができませんでした。花弁は開花と同時に落ちてしまうからです。私には「幻の花弁」でした。

花はガクがなく,花弁4緑色で,開花と同時に落ちてしまう。雄しべ4も落ちて,雌しべの橙色の花盤が目立つ(色別野の花図鑑

d0006690_13565643.jpg昨日,やっと「幻の花弁」に出会いました。十字に開いた緑色の花弁です。4本の雄しべもあります。花弁はすぐに大きく反って落ちてしまいます。左端の花からそのことがうかがえます。

1枚の花弁の長さは4ミリくらいです。橙色の雌しべの花盤の直径は3ミリくらいです。その花盤は「朱色からやがて赤色を帯びる」のですが,なぜか白っぽいものが混ざっています。

幻が現になってしまうと,嬉しさは瞬間で,後はなんとなく気の抜けた気分です。これはヤブガラシだったからでしょうか。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2009-08-14 13:58 | 花の手帳 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/10102169
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by acniafafa at 2009-08-14 19:39
白と黄色があるのは遺伝の問題でしょうか。
Commented by gakis-room at 2009-08-14 19:43
acniafafaさん,
花弁の付いているものは黄色く見えますが,実際はもう少し朱色がっています。白いのはなぜなのか分かりません。
Commented by yuuko-11 at 2009-08-15 08:21
黄色いのが白くなる?
(以前、黄色と白の花が同時に咲いているワンと思ったら、単に色が変化するだけだったことがあったので)
私の中では、ヒメムカシヨモギが謎の花でつ。
道端の、アレチノギクの前でたたずんでいます(笑)
Commented by tona at 2009-08-15 08:35 x
花弁が見られたのですね。
先日私も見てきたのですが、ひとつも見当たりませんでした。
また、白い花盤も珍しいです。
オレンジ色の段階で受粉しているらしいと先生から聞きました。
このとき雄花も近くで見ました。
Commented by gakis-room at 2009-08-15 10:24
yuuko-11さん,
今朝,確かめに行って来ました。白は白,オレンジは少し濃くなっていますがオレンジのままでした。

ヒメムカシヨモギは少ないのかも知れません。舌状花がはっきりしなければ,これはアレチノギクだと決めています(笑)。
Commented by gakis-room at 2009-08-15 10:27
tonaさん,
花盤の白いものはなぜなのでしょうねえ。私にも分かりません。
オレンジのものは色が濃くなって蜜(?)をたっぷりとにじませていました。
Commented by yuuko-11 at 2009-08-16 16:47
お~家の前にある!と思ったらノブドウでした…
(できつつある実の色より)
ヘクソカズラの花ならよく見かけるのですが(笑)
Commented by gakis-room at 2009-08-16 18:45
yuuko-11さん,
私はノブトウは実物をまだ見ていませんが,よく似ていますね。葉がちょっと違います。
ヘクソカズラもあちこちにありますよ。


<< 雌花はどんなかたちなのでしょう...      ハギの花の不思議 >>