2009年 08月 13日
ハギの花の不思議
d0006690_16193492.jpgヤマハギ マメ科 ヤマハギ属

「近くの公園」ではすでに7月下旬からヤマハギが咲き始めています。「ハギ」という花はなく,「ハギ」は「サクラ」と同じように「総称名」であることを知ったのは昨年の8月8日でした。

エンドウ豆もそうですが,マメ科の花のかたちを蝶形花冠(ちようけいかかん)というそうです。5弁の花びらにはすべて名前が付いています。

旗弁(きべん)   最も大きく,立ち上がる花弁
翼弁(よくべん)  鳥の翼にたとえた左右の花弁
舟弁(しゅうへん) 舟のかたちにたとえた下部の花弁

ヤマハギの2枚の舟弁(竜骨弁ともいいます)は合わさっています。それで,ふと,ヤマハギの雄しべと雌しべはどこに? と思いました。

合わさった2枚の舟弁を割って見ました。すると「雄しべと雌しべ」(?)らしきものが出てきました。すっと伸びて曲がった先端にあるのが雄しべでしょうか。そして,そこから立っているのが雌しべかと思います。

昆虫に蜜の在りかを伝える蜜標は旗弁にあるそうですが,それにしてもヤマハギはなぜ,雄しべ飯へを隠してしまっているのでしょうか。不思議な花です。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2009-08-13 16:13 | 花の手帳 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/10098618
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by acniafafa at 2009-08-13 22:29
自家受粉?
Commented by gakis-room at 2009-08-14 07:13
acniafafaさん,
私も自家受粉かとも思いました。しかし,蜜標があります。
ひょっとしたら,私が見ていないだけで,密かに舟弁を開いているのかも知れません。
Commented by saheizi-inokori at 2009-08-14 08:32
恥ずかしがり屋。
キベンかな。
Commented by gakis-room at 2009-08-14 14:06
saheiziさん,
それとも,もったぶり屋?


<< 「幻の花弁」,ヤブガラシの花を...      産経新聞が麻生首相を見放した? >>