2009年 08月 07日
「引っ付き液」(?)を出してよじ登るツタ
ツタ ブドウ科 ツタ属

昔,「学生時代」という歌が流行っていました。1960年代のことです。歌ったのはペギー葉山だったかと思います。その最初はこんな内容です。

  つたの絡(から)まるチャペルで
  祈りを捧(ささ)げた日
  夢多かりし あの頃の
  思い出をたどれば…



d0006690_19254976.jpgこの歌にちょっとした違和感がありました。ツタは「絡まる」のではなく「吸い付く」のではないかと。

しかし,「吸い付く」のではなく,まるでボンドかセメダインでのようなものを出して「引っ付く」のが正しいようです。写真の中程の葉の反対部分がそれです。

d0006690_1926167.jpg近寄ってよく見ると緑色の液状のものを出して,それがボンドかセメダインのような役割をして「引っ付く」ようです。

先端が伸びる「引っ付き液」(?)を出して,岩やコンクリートに「引っ付いて」よじ登るように思われます。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2009-08-07 19:28 | 花の手帳 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/10077259
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2009-08-07 22:04
新発見!?
Commented by gakis-room at 2009-08-07 22:44
saheiziさん,
そうです。新発見です。ただし私のにとってはです。
常識を今更,という声が聞こえてきそうです。
Commented by acniafafa at 2009-08-07 23:03
へー、知りませんでした。
これから、気をつけてみてみます
Commented by gakis-room at 2009-08-08 09:33
acniafafaさん,
私にはちょっとした発見でした。そして,ちょっとした得意気分です。
Commented by yuuko-11 at 2009-08-08 14:28
ああ、確かに、のけたときの感触が、引っ付いているのをのけた感じですね。
(今までからまってるとしか思わなかったな。)
ツタさん、田舎じゃ、木だけじゃなくて交通標識にもからまって(いや引っ付いて)役目を果たしていないという(笑)
Commented by gakis-room at 2009-08-08 19:33
yuuko-11さん,
実は写真撮影の後,別の茎で私もやってみました。引っ付いてるのを引きはがした感じでした。その後,ちゃんと元に戻しましたが,引っ付いたかどうかは知りません(笑)。


<< しっかりと咲いています,ヒメム...      ツクツクボウシと悪い予感 >>