2009年 07月 26日
1945年7月26日,ポツダム宣言
今ではなぜか語られることはほとんどありませんが,この日,米,英,中の三国の首脳の名で全13項目からなるポツダム宣言が出されました。

主な内容は以下の通りです。
 1 軍国主義の除去
 2 日本の主権は本州,北海道,九州および四国ならびに(3国が決定する)諸小島に限定
 3 戦争犯罪人の処罰
 4 民主主義的傾向の復活強化
 5 日本国民の自由意志による平和的かつ責任のある政府の樹立

宣言は,これの受託のない場合は日本の「迅速かつ完全な壊滅」があるのみとしました。しかし,日本は「国体の護持(天皇制の存続)」が不明とてこれを黙殺します。そして以下はその後に起こった出来事です。

  8月6日  広島に原爆投下
    8日  ソ連,対日宣戦布告,翌未明に参戦
    9日  長崎に原爆投下
    13日  アメリカ。「北緯38線を境界とする分割占領」をソ連に提案,ソ連同意 
    14日  日本,ボダム宣言の受諾を通知
    15日  天皇による「終戦の詔勅」放送

私は,日本の戦後はポツダム宣言の受諾,つまりはその指示するところの履行から始まると思っています。そして,ポツダム宣言の受諾が「国体の護持」に逡巡することなく,10日早ければ,ヒロシマ・ナガサキの悲惨,シベリア抑留・残留孤児の悲劇,朝鮮半島の分断はなかったとも思っています。

いつの時代も国家の指導者の軽佻浮薄ほど罪深いものはありません。
[PR]

by gakis-room | 2009-07-26 12:02 | つれづれに | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/10029532
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 高麗山 at 2009-07-26 13:00 x
それにしても、あそこまで“国体護持”に固執し拘泥されなければ。。。
スイスの大使館で、受託を申し出た時アメリカ側は、100日遅いと激憤したと聞きますが。。。
『紙は千年持つそうだが、この条約も千年持つように』、宮城県白石産の和紙を用いられた調印文書に、マッカーサーはそう述懐したという。
Commented by convenientF at 2009-07-26 13:17
「迅速かつ完全な壊滅」の原文は“prompt and utter destuction“ですよね。この表現の強さを読み違えただけで....

「チョット拙いですね」「チョット考え直したら」さらには「チョット酷すぎます」のように、“チョット”柔らかくしたがる言語文化が招いた悲劇。

またチョット繰り返してる?
Commented by acniafafa at 2009-07-26 19:12
「ちょっと」した判断がひどい(または良い)結果を生むということはあらゆるところであります。
でも、判断する人はここまで「ひどい」とは予想していなかったからなおさら怖いものがあります。
Commented by gakis-room at 2009-07-26 21:54
高麗山さん,
「千年もつように」は数年も持ちませんでした,しかもアメリカによって。歴史の皮肉なんですね。
Commented by gakis-room at 2009-07-26 22:00
CFさん,
右手が悪事を働くなら,それを切り落とせ,腕の1本を失っても心が汚れるよりもよいとする宗教の国々ですからね。
Commented by gakis-room at 2009-07-26 22:02
acniafafaさん,
しばしば人は自分に都合の良いように解釈しますからね。
Commented by saheizi-inokori at 2009-07-27 11:16
天皇の意思がそこにあったのでしょうね。公然とか非公然にか。三種の神器を守ることが至上命題だったという指摘をある本で読んだことがあります。
それは彼の立場からすれば無理からぬ心理だとも思えるのです。
天皇制というものの凄さですか。
Commented by gakis-room at 2009-07-27 16:18
saheiziさん,
>天皇の意思がそこにあったのでしょうね
天皇もまた「天皇制」に疎外されていたのかもしれませんね。
Commented by saheizi-inokori at 2009-07-28 07:22
必ずしもそうではなかったという考え方もあるようです。私もそう思うようになりました。
Commented by gakis-room at 2009-07-28 07:52
saheiziさん,
受諾への天皇の決断のことでしょうか。天皇が天皇制からどれだけ自由であったかという問題でしょうか。
Commented by saheizi-inokori at 2009-07-28 10:23
国体の護持、三種の神器の護持が至上命題であったということです。
Commented by gakis-room at 2009-07-28 19:12
saheiziさん,
良く分かりました。ありがとうございます。


<< 朝鮮戦争の休戦協定調印から56年      アメリカアゼナ(畦菜)かと思います >>