2017年 09月 19日
ハナスベリヒユのキメラ?
d0006690_1219666.jpgハナスベリヒユ スベリ ヒユ科 スベリヒユ属

路傍に出されたプランターのハナスベリヒユです。

ハナスベリヒユは1日花ですが,花は毎日このようにプランターが見えないほどに咲いています。




d0006690_12194527.jpgハナスベリヒユのキメラでしょうか。今年の6月に見た「サツキのキメラ」もこのように花弁の一部が色変わりするキメラでした。

ハナスベリヒユについては4年前の9月にも書いています。その時に「一重咲きが主ですが,品種改良によって大輪や巨大輪の花,八重,絞り咲き,千重咲き,斑入り葉など多様」であることを知りました。

しかし,このキメラは品種改良によるものではありません。わんさと咲いている花の中で,キメラはこの一輪だけでした。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

# by gakis-room | 2017-09-19 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 18日
矮性,一重のキキョウです
d0006690_172255.jpgキキョウ キキョウ科 キキョウ属

矮性の一重のキキョウです。

矮性のキキョウとは3年前の8月に出会っていますが,それは八重のキキョウでした。

背丈は15センチほどです。

d0006690_1722273.jpg花径は5センチほどです。

八重のキキョウもいいですが,やはりキキョウは一重が好きですね。



※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

# by gakis-room | 2017-09-18 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 17日
嵐の前のちょっとした気象の異変
d0006690_12225149.jpg台風18号,タリム(鋭い刃先)は今夜9時頃に近畿地方を直撃します。

嵐の前の静けさというのでしょうか,きょうは午前中も午後も穏やかに時が流れていました。ようやく午後4時頃から少し風がでてきました。また,終日雨の予報でしたが降雨もありませんでした。(午後5時30分現在)

その静けさの前に,昨日はちょっとした異変がありました。

【異変その① 夜に突然の,そして台風並みの強風】
18時過ぎから少しずつ風が強くなりました。毎正時の風速は,その前の10分間の平均風速です。
  19時  5.2m/s
  20時  9.0m/s
  21時  9.2m/s
  22時  15.3m/s
  23時  3.5m/s

22時の風速15.3m/sの後に昨日の最大瞬間風速28.0m/sを観測しています。

この前後の10分間隔の風の変化です。(  )内は最大瞬間風速です。
  21時40分  8.3m/s(18.4m/s)
  21時50分  13.4m/s(27.2m/s)
  22時00分  15.3m/s(25.8m/s)
  22時10分  15.0m/s(28.0m/s
  22時20分  12.7m/s(25.0m/s)
  22時30分  9.3m/s(17.8m/s)

21時40分から20時10分の30分間の最大瞬間風速は25.0m/s以上を観測しています。これはもう台風並みです。このような突風はなぜ起きたのでしょうか。

【異変その② 昨日の最高気温が今朝の最低気温】
  昨日の最高気温  21.4度(06時19分)
  今朝の最低気温  20.6度(00時32分)
僅か0.8度の差しかありません。

このようなことは稀にあります。最高気温と最低気温の関係は逆ですが,2010年2月10日と11日はどちらも気温は6.6度でした。

※表はクリックすると拡大します。
[PR]

# by gakis-room | 2017-09-17 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 16日
五色に変化するという,ゴシキトウガラシ
d0006690_1823262.jpgゴシキトウガラシ ナス科 トウガラシ属

ゴシキトウガラシ(五色唐辛子)の実です。食用ではなく観賞用ですから食べられません。

球形の実は1センチほどですが,1.5センチくらいの円錐状のものもあります。

実の色は紫からはじまって→ 白 → 黄 → 橙 → 赤 と5色に変化するとのことですが,時折通る道の戸口に出された鉢植えですから,その変化を確かめることは諦めました。

初夏~初秋に小さな白い花はを付けるようです。また,葉は濃緑の他に斑入りや黒紫葉色の品種もよく出回っているようです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

# by gakis-room | 2017-09-16 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 15日
球果が面白い,コノテガシワ・センジュ
d0006690_1542459.jpgコノテガシワ ヒノキ科 クロベ属

コノテガシワと教えていただきました。漢字では「児の手・柏」です。

コノテガシワは常緑の小高木で5〜10メートルになるようです。しかし,これは園芸品種の「センジュ(千手)」で,1.5メートルほどです。大きくても数メートル止まりのようです。

葉はヒノキによく似ていますが,ヒノキのように裏は白くなく,表裏の区別がありません。

命名の由来は,枝が直立する様子が,子供が手を上げる様子に似ているから,あるいは稚児が合掌しているように見えるからとのことです。

d0006690_15431257.jpg金平糖みたいですが,これは球果です。大きさは1〜1.5センチほどでした。

花は雌雄同株で,3〜4月頃に開きます。雄花は黄褐色,雌花は4遍の白緑色のようです。

是非見てみたいと思いましたが,閉店される店舗の前に並べられたものでしたから,叶わぬ願いです。


※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

# by gakis-room | 2017-09-15 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 14日
夕焼け3葉
d0006690_1648829.jpg台風18号は17日の夕方遅くに近畿地方に近づくようですが,まだ台風の影響はありません。

昨日もきょうも,雲はあるもものそこそこの日差しがあって,渇いた風か吹いています。日陰ではひんやりと秋を感じ,風が抜けていく部屋の中では心地よさ味わいます。

珍しく2日続きで夕焼けを見ました。

12日の日照時間は11分しかありませんでしたが,日没前の2分の日差しが雲の多い夕焼けを作っていました。

d0006690_1654260.jpg13日は,日没の1時間前からすでに日差しはありませんでしたが,ほぼ全天の雲がうすかったのでしょうか,横になびいた雲が真っ赤に染まっていました。

滅多に見ることのない真っ赤な夕焼けでしたが,ちょっと不気味でもありました。

d0006690_1821680.jpgきょうです。何の変哲もない夕焼けですが,方角が違います。

これは北北西から北にかけての空です。写真の右箸当たりが真北になります。西方は厚い雲に覆われています。



※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

# by gakis-room | 2017-09-14 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
2017年 09月 13日
「鋭い刃先」が日本列島を狙っている,台風18号のことです
d0006690_1735151.jpg強い台風18号,名前は「タリム」です。フィリピンの提示で意味は「鋭い刃先」です。しかも「強い」・「鋭い刃先」です。

その「強い」・「鋭い刃先」が日本列島を狙っています。

予想進路では14日には北西から90度右に向きを変えて北東に進みます。予想通りの進路であれば17日未明には九州を横断して,夕方近くには近畿を直撃しそうです。

このような進路をとった台風は以前にもありました.今年の台風3号です。

d0006690_1704655.jpg台風3号の進路です。

名前はミクロネシアの提示した「ナンマドル」です。意味はミクロネシアのポンペイ島に1000年以降に栄えた王朝の遺跡です。
[PR]

# by gakis-room | 2017-09-13 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
2017年 09月 12日
初めての「避難準備高齢者等非難開始」発令
d0006690_1724227.jpg今朝は激しい雨音に二度寝から目覚めました。降り始めの正確な時間はわかりませんが,5時前からだろうと思われます。ピークは6時〜7時でした。

奈良地方気象台(私の住む街の北隣)でのこの時間の降水量は29.0ミリでしたが,南隣の街では53.0ミリでした。

7時12分には「奈良県記録的短時間大雨情報 第1号」が出され,7時19分の「第2号」では私の住む街の解析雨量は「120ミリ/1時間」とされました。

9月の奈良の「日最大1時間降水量」の第1位が75.0ミリですから,解析雨量とはいえ雨の激しさがわかります。新聞は降雨以前の配達だったでしょうから,ビニール包装はありません。それで新聞受けから半分はみ出した新聞は雨でぐっしょり濡れて,ページを開くこともできませんでした。

8時03分には奈良地方気象台と県からは共同で,私の街を含む6市町に「土砂災害警戒情報」が出されました。
8時56分には市の防災課からエリアメールで「避難準備高齢者等非難開始」(土砂災害)の発令が知らされました。エリアメールは4年前の4月に播磨灘の地震に関して「緊急地震速報」がありましたが,市の防災課からのメールは初めてのことです。解除のメールは11時21分でした。

なお,このエリアメールについては気象台の警戒情報とのタイム差が気になりました。
 ・気象台の警戒情報,8時03分→エリアメール,8時56分
 ・気象台の解除,11時05分→エリアメール,11時21分
[PR]

# by gakis-room | 2017-09-12 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 11日
「近くの公園」は今
d0006690_12315533.jpg「近くの公園」の改修に伴う樹木の伐採は9月5日以降も続きました。しかし,それはほぼ池の東側に限定されました。

6日以降には,フジは伐採され,フジ棚も全て取り除かれました。フジ棚よりも北(左)の樹木ではチョウジガマズミとサルスベリがなくなりました。

他に2本の樹木がありましたが,花を付けませんでしたから私には名前は不明です。

d0006690_12321170.jpgフジ棚よりも南(右)ではシュロ,サツキの植え込み,白で底紅のムクゲ,レンギョウ,ウメ,ベニバナトキワマンサクなどがなくなりました。

手前の土が掘り返されたところは老齢のヤナギが取り除かれた跡です。

サクラは,本体がずっと以前に剪定されて,2本の枝だけを伸ばした八重の桜を除いて,伐採はありませんでした。

これ以上樹木の伐採ないのか,取りあえずの中断なのかはわかりませんが,現在は池の東側と西側のコンクリートを剥がす作業がきょうも続いています。

d0006690_12322869.jpg取り除かれた老齢のヤナギです。


※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

# by gakis-room | 2017-09-11 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 10日
LS北見 ピョンチャン五輪へ,カーリング代表決定戦を3勝1敗で制す
d0006690_1253119.jpgカーリング女子,ピョンチャン五輪代表決定戦は,LS北見が中部電力を3勝1敗で制して日本代表となりました。LS北見は2010年10月チーム結成,2016年3月,世界選手権で準優勝し,日本カーリング史上男女を通じて初めてのメダル獲得をしていますが,オリンピック出場は初めてです。

【第4戦】  ★印は第1エンドの後攻め
      1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計 
LS北見★ 3 0 0 2 0 1 2 0 0 1  9
中部電力  0 1 0 0 2 0 0 1 1 0  5

LS北見は第1エンド,中部電力のスキップのダブルテイクアウト失敗もあって3点を先取,その後も4人のショットが冴え,9ー5で快勝しました。ミスと言えば第9エンドにスキップがテイクアウトに失敗して1点のスチールを許したくらいのものでした。

【それぞれの思い】
試合後,両チームの選手の目は潤んでいました。当然,様々な思いが去来したことと思われますが,私なりに忖度した感想です。

・チーム・LS北見
オリンピック出場権はLS北見が昨年の世界選手権で銀メタルとなって獲得したものでした。しかし,今年の2月の日本選手権で,予選を全勝で通過しながら,決勝トーナメントで中部電力に敗れてオリンピック代表チームを確定できませんでした。言わば,日本選手権での忘れ物を取り戻した戦いでした。

・スキップ・藤澤五月
4年前,中部電力の若きスキップとして日本選手権3連覇をしながら,代表決定戦で北海道銀行に敗れてオリンピックを逃しました。その後LS北見に移籍してようやく掴んだオリンピック出場です。

・サード・吉田知那美
北海道銀行のセカンドとして2014年のソチオリンピックに出場し,過去最高の5位タイに貢献しましたが,帰国後,戦力外通告を受けました。自身の言葉によれば「枯れかけた草」状態をLS北見に水を給されて行き帰り,2度目のオリンピック出場です。

・セカンド・鈴木夕湖
昨年は本橋麻里の出産明けの復帰によりリザーブに回りました。セカンドに復帰した今年度は,本橋以上の活躍をとのプレッシャーを見事に跳ね返しました。145センチという小柄ながら,そのショットとスイープの力強さは一級品です。

・吉田夕梨花
常呂中学1年の時,2歳上の姉の知那美,鈴木夕湖らの「常呂中学校ROBINS」に参加。2006年日本選手権ではトリノオリンピック日本代表であった「チーム青森」を中学生チームが予選で破る活躍をしました(最終成績は3位)。姉の知那美がソチオリンピック出場し,「お姉さんは凄いね」と言われ続けた悔しさようやくぬぐいました。

・リザーブ・本橋麻里
チーム青森のメンバーとして,トリノ五輪(2006年,セカンド)とバンクーバー五輪(2010年,セカンド)と連続出場後にチームを離脱して,2010年8月にLS北見を結成。2015年2出産後はリザーブへ。昨年度途中,本格復帰しましたが,今年度再びリザーブへ。チームの創立者,実績にもかかわらずリザーブを選択した勇気は人間の大きさでしょうか。

・チーム・中部電力
2013年日本選手権3連覇後のソチオリンピック代表決定戦で北海道銀行に敗れたました。2014に日本選手権で4連覇をはたしますが,その後,主将の市川が結婚出産で退部,スキップの藤澤もLS北見に移籍して,チームは低迷しました。2016年の日本選手権には出場すらかないませんでした。しかし,結成時のメンバーである松村(すきっぷ),淸水(主将・サード)両選手を中心に復活を成し遂げ,2017年日本選手権に優勝,しかし,あと一歩及ばず,オリンピック出場をまたも逃しました。

【エピソード】
今大会ではちょっと珍しい事故(?)が3つありました。

・その1 藤澤選手,あわや転倒
LS北見のスキップの藤澤選手は第2戦第1エンド第1投の投球寸前にバランスを崩して転倒しそうになりました。無事投球はできましたが,投球結果はスルー。

・その2 北澤選手,ストーンを間違える
中部電力セカンドの北澤選手が第2戦第1エンド第1投で相手ストーンの赤ストーンを投げてしまいました。投球は有効で,投球後にストーンの置き換えが行われました。

・その3 吉田知,ホッグラインオーバー
ストーンはホッグラインまでに手放さなければなりませんが,LS北見のサード吉田知那美選手は第4戦第10エンド第1投でホッグラインオーバーの反則で投球は無効とされました。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

# by gakis-room | 2017-09-10 18:00 | カーリング | Trackback | Comments(2)
2017年 09月 09日
LS北見が2勝1敗,カーリングオリンピック代表決定戦
d0006690_1353034.jpgきょうの2ゲームは1勝1敗となり,LS北見の2勝1敗となりました。明日の第4戦でLS北見が勝てばLS北見がオリンピック代表となります。あるいは中部電力が第4戦で2017年日本選手権の王者の意地を見せて,第5戦で決着をつけるのか,明日のゲームが楽しみです。

【第2戦】  ★印は第1エンドの後攻め
      1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計 
LS北見★ 0 1 0 0 2 0 0 1 1 0  5
中部電力  1 0 1 3 0 0 1 0 0 1  7

中部電力は前日の不調を見事に立て直して臨みました。スキップのショットも安定し,第1エンドに1点をスチールするさい先の良いスタートでした。第4エンドに3点をスチールしてからは終始ゲームをリードしました。

逆にLS北見は昨日とは違ってスキップの調子が今ひとつでした。第4エンドのスチールも2つのミスが絡んでいます。それでも第5エンドに2点を取り返し,その後も必死に反撃し,5ー6まで迫りますが及びませんでした。

【第3戦】  ★印は第1エンドの後攻め
      1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計 
中部電力★ 0 0 0 1 0 2 0 0 × ×  3
LS北見  1 0 3 0 2 0 0 2 × ×  8

第3戦はLS北見の巻き返しでした。コールとスイープのコミニュケーションも良かった様に思います。特にスキップの第2戦でのショット成功率が60%であったのに対し,このゲームでは80%(第7エンドまで)を越え,第1エンドと第3エンドのスチールに大きな役割を果たしました。

逆に中部電力のスキップは難しいショットを強いられたこともあって,テイクアウトショットは78%でしたが,ドローショットは35%(第7エンドまで)でした。この差が得点に表れたように思います。

とは言え,チーム全体のこのゲームのショット成功率はLS北見の78%に対して中部電力は75%ですから,得点差ほどの力の差は無いようです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

# by gakis-room | 2017-09-09 19:00 | カーリング | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 08日
LS北見が先勝,カーリングオリンピック代表決定戦
d0006690_15511247.jpgカーリング女子のピョンチャンオリンピック日本代表決定戦がきょうから北見市常呂で始まりました。LS北見と中部電力は最大5戦,3勝先取で代表を争います。

【第1戦】  ★印は第1エンドの後攻め
      1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計 
中部電力  0 0 1 0 0 0 0 0 × ×  1
LS北見★ 1 1 0 0 1 4 1 1 × ×  9

きょうの第1戦はLS北見が9ー1で圧勝しました。第1エンドはともにアイスが読み切れないようでしたが第2エンドにスチールしたLS北見が徐々に自己のペースを取り戻しました。

中部電力は第2エンドの1点が重くのしかかったのか,ミスが目立ちました。第3エンドの1点もブランクエンドにする予定が,ミスで1点を取ってしまったものでした。その後もなかなかペースがつかめません。特にサードとスキップの不調が大きかったようです。
【中部電力のショット成功率】  第7エンドまで
       サード  スキップ
  ドロー  56%   56%
  テイク  75%   65%  

LS北見はその後,中部電力のミスもあり4連続スチールで得点を重ねました。特に第6エンドの4点が試合を決定づけました。

【ショット成功率】
       中部電力  LS北見
  ドロー  75%    86%
  テイク  78%    81%
  合計   76%    83%

ペースをつかめないままで終わった中部電力でしたが,明日の2試合での奮起が期待されます。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

# by gakis-room | 2017-09-08 18:00 | カーリング | Trackback | Comments(2)
2017年 09月 07日
きょうは白露,涼しい9月です
d0006690_151377.jpgきょうは白露 (はくろ)です。

白露  陰気ようやく重なりて露こごりて白色となれば也
    (暦便覧)

陽気(暑さ)が去り,陰気(寒さ)が増して,露が見られるようになったということでしょうか。

例年であれば,この季節は残暑と秋の気配とのせめぎ合いと言うところですが,今年の9月はきょうまでのところ涼しさが勝っているようです。

9月のきょうまでの最高気温です。

  1日  30.8度(平年差,−0.7度)
  2日  29.3度(平年差,−2.0度)
  3日  30.2度(平年差,−0.9度)
  4日  27.3度(平年差,−3.6度)
 
  5日  28.3度(平年差,−2.4度)
  6日  28.1度(平年差,−2.4度)
  7日  29.3度(平年差,−0.9度)

1週間連続で平年を下回っています。昨日ときょうは湿度が高くて,ちょっと蒸し暑さもありますが,5日までは湿度が低く,渇いた風が抜けていく涼しさでした。

最低気温は,昨日,きょうと明日は平年より高めでしたが,5日までは連続5日平年以下でした。平年以上が連続した7月8月と大違いです。

10日間予報によれば,残暑はさほどなく,この過ごしやすさはしばらく続きようです。
d0006690_6404094.jpg

[PR]

# by gakis-room | 2017-09-07 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 06日
緑色のアジサイ,アメリカアジサイ
d0006690_1628456.jpgアメリカアジサイ アジサイ科 アジサイ属

別名はアナベルあるいはアメリカノリノキです。こちらの方がより一般的でしょうか。

昨年に見た時は薄い緑色から純白に変わるものでした。今年も6月〜7月には純白の花を咲かせていました。

これは同じ場所です。アメリカアジサイの花期は6月〜7月とされていますが,8月末に緑色の花を付けているの気づきました。

最初は純白であったものがこのように変化したのか,あるいは最初からこのような緑色であったのかは定かではありません。1週間経過しても色の変化はありません。

d0006690_16281986.jpg3弁あるいは4弁の装飾花(萼)です。大きさは1.5センチくらいです。まるで葉のようです。


※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

# by gakis-room | 2017-09-06 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)
2017年 09月 05日
きょうはマツ1本とヤナギ2本,「近くの公園」の樹木の伐採
d0006690_16201679.jpg「近くの公園」の樹木の伐採はトベラだけに終わらないようです。きょうはマツが1本とヤナギが2本伐採されました。

マツです。
作業する2人の間に立っています。樹齢はわかりませんが樹高は7〜8メートルはありました。

d0006690_16204551.jpgマツが伐採されました。マツで隠れていた梅の木が見えるようになりました。

このウメの木は紅梅です。写真の左にもウメの木がありますが,この2本はどうなるのでしょうか。

d0006690_1621021.jpg池の対岸にある柳2本です。

左の柳には1人が登って,チェンソーで作業中です。

「私のベンチ」の近くのヤナギも表面の皮が剥がれそうになっている部分がかなりあります。また,本体の中では空洞化が進んでおり,何時倒れても不思議ではありません。

この2本のヤナギも「私のベンチ」の近くのヤナギほどではありませんでしたが,かなりの老齢でした。

d0006690_16213079.jpg2本の伐採後です。
左のヤナギの背後にあった藤棚がよく見えます。右では背後のヒマラヤスギと公園の外の建物が見えるようになりました。

マツの伐採された跡は昨日のトベラのように切り株は地面に水平です。2本のヤナギも同様に鳴勝ち思われます。


きょうの伐採作業は3本でしたが,伐採はどこまで行われるのでしょうか。池の周囲を含めて「近くの公園」には41本の桜があります。ちょっと心配になってきました。

d0006690_1865011.jpg左のヤナギはこれくらいの大きさでした。作業している人からみて,樹高は14〜15メートル以上でしょうか。




※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

# by gakis-room | 2017-09-05 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(2)